FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルズーガ

06 08, 2010 | モロッコ

5 Comments
メルズーガ

 マラケシュの宿を朝7時に出発。1時間近くかけて、バス停まで歩く。予定のバスは、30分遅れの9時過ぎに出発した。

 少し、ごちゃごちゃしたマラケシュの街中を進み40分も走ると、辺りは荒野が広がり始める。日上がった大地にポツポツと植物が生えている。ぐんぐん荒野を進んで行くと、うねるような道に変わる。ヘアピンカーブの上り下りを何度も繰り返す。渓谷の上を走るバスの車窓からは、谷底の自然がよく見える。

メルズーガ (4)

 谷底は緑が豊かだった。渓谷の上は赤土色した、山が広がり荒涼としている。それに比べて、谷の下は沢山の木々が生え、畑のようなものも見える。この大地でも、水は流れ、それは山から谷へと、向かっているのだろう。不思議では、ある。雨があまり降らないこの土地にも、少ない雨水を吸って、蓄えて生きている植物がある。

 僕が想像していたよりもずっとたくさん。

メルズーガ

メルズーガ (2)


 2度の休憩をしながら、13時間後の夜9時半にメルズーガに到着した。宿のタクシーがバス停まで迎えに来てくれていた。「ウキタサンデスカ?」と片言の言葉で僕に寄ってくる。何一つ合ってはいなかった。
 タクシーで、夜でも分かるほど、何もない砂漠の上に伸びる一本のコンクリートの道を、5分ほど走り、宿がある村に向けて右折をした。
 宿に着くと日本人の、のりこさんが出迎えてくれた。ご飯を作ってくれていたようだ。白米とサラダに煮込みのベルベル料理。タジン鍋で煮込まれたお肉、 あまりの熱さに僕は舌を少し火傷してしまった。
 でも、本当においしかった。

メルズーガ (5)
ライスがメインですいません。

 時間がのんびり進むような気がする程、落ち着いた雰囲気の中にいるのだけど、時間は僕の体内時計よりもずっと早いスピードで進みあっという間に、その日の天井を超えていた。

 部屋は少し暑かった。のりこさんが、屋上で寝ますか、という。僕はいいですね、と言った。屋上にマットを敷く。空には驚く程の星が見える。

 毛布をかぶり、星空を眺めた。流れ星が時折、流れる。いつもより少しのんびりしたスピードで。ここでは星まで、のんびり進むのかと思った。
 星は煌めいていて、揺れるように大きくなったり、小さくなったりするように、ふわふわと輝いていた。

 眠りについて、少し経った頃に目が覚めると、空には月が浮かんでいる。さっきまではなかったはずの月が。ここでは月まで上るのが遅いらしい。月の光に負けて、姿を消した星も数多くある。

翌日目が覚めると、朝日は昇り、空が真っ青だ。

メルズーガ (6)


 のそのそと起きだして、日本人の方がメルズーガまで、歩いてはがきを出しに行くというので、僕も付いていくことにした。

 泊っている村の家はどれもこれも、土壁で、つまり土の色をしている。地面も家もみな同じような色をしている。
 荒野を1時間程歩いた。地平線のように、コンクリートの道は続いていて、周りには砂丘がこんもりと盛られている。
 メルズーガに到着し、用事を済ませて、また村に戻る。日はどんどん高くなってきており、照りつける太陽が暑い。

 一歩間違えたら遭難してしまいそうなほど、変化のない道を歩く。時折通る車が砂埃をあげて過ぎ去っていく。これは、雄大ですごい景色に思う。何もない。この景色の中に人が住んでいること自体が不思議にすら思う。

 宿にお昼前に到着し、水とコーラを買って飲む。乾きから潤いに変わる瞬間、それは最高に美味しいものに変わる。
宿に置いてある小説をゴロゴロ寝転びながら読む。もとがグータラの僕はこういう時間がたまらなく好きだ。幸せに浸っていると、ラクダマンが来たよ、とのりこさんの声が掛かった。

DSC_0334.jpg

 さぁ、出発だ。

それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« サハラ砂漠 マラケシュ »

- Comments
5 Comments

メルズーガの街並みの写真、
写ってる影からも同じような建物ばかりなんだろうなと
よく分るよ。

ラクダマンっていう響きと街並みから、
ワンピースの最新刊を読みたての僕は
アラバスタを想像しちゃいました(笑)

最新刊大変なことになってます!!
僕的には鳩山総理が辞任した以上に・・・

ユージのいい感じに終わった日記の続きも楽しみにしてます!!
でゎでゎ

by ヒロスケ | 06 09, 2010 - URL [ edit ]

魚民の民とはもう誰とも会ってないな。T店長は係長に昇格したらしいよ。世の中間違いだらけだよね^^

by 中村 | 06 10, 2010 - URL [ edit ]

>ヒロスケ ワンピース俺も読みたい!帰る頃にはもう一冊出てるかな。うへへ。楽しみだー!

ラクダの名前はもちろんまつげだな。

>中村さん もう中村さんは民じゃなくなったんですね。

じゃあ、今の魚の民はだれがいるんでしょう?
タジン鍋は、壊れやすくて重たいのでかいませんでした!

店長が係長。スピード出世ですね。それは間違いです。

by ゆうじ | 06 10, 2010 - URL [ edit ]

>予定のバスは、30分遅れの9時過ぎに出発した。
>13時間後の夜9時半にメルズーガに到着した。
>2度の休憩をしながら

すみません。
質問ですが、トイレはどうされたんでしょうか?
6時間おきにある休憩のみでしょうか?それともバス備え付けのトイレも利用されたんでしょうか?

来年メルズーガに行きたいので是非教えてください!

by ふじこ | 01 12, 2013 - URL [ edit ]

ふじこさん

こんにちは。
質問の件ですが、トイレは休憩しかありませんでしたよ。
1回目がお昼休憩の時と夕方5時くらいだった気がしますね〜。

ブログに書いてあった日本人宿ののりこさんは今メルズーガにいないようです。
のりこさんの宿を目当てに行く人が多かったので、なんともいえませんが良いところですよ。

他にも質問があればどうぞ〜。

by yuji | 01 13, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。