FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー牛乳

04 26, 2010 | ハンガリー

1 Comments
コーヒー牛乳


 ハンガリー、本当は一昨日出発するはずだった。でも、あまりにも居心地が良くて、なかなか、出られなかった。今日、出発する。次の国、クロアチアへ。

onnsenn (2)

 ハンガリーといえば、温泉だ。旅に出てから、3か月とちょっと。お湯に浸かる機会は一度もなかった。そのときがとうとう訪れた。
 ここ、ブタペストには、沢山の温泉がある。湧いて出ているのかは知らない。それでも、とりあえず温泉がある。

 宿で知り合った2人の方と3人で、温泉に向かった。エリザベート橋を渡れば、すぐそこだ。ロッカールームで、着替えて入口で渡された、少し心もとないふんどしを身につけて、いざ行かん。
 温泉は、真ん中に大きいものが一つ、四隅に1つずつ。合計5つの浴槽がある。順番に足を浸けていく。
 1つめカラ3つめまでは、体温~それ以下くらいのぬるま湯だった。全くもって温泉の心を分かっていない。これでは、温水プールじゃないか。もう一つの浴槽に望みをかけて足を入れてみる。温かい!
 体を沈めていくと、自ずと「あ゛ぁ~」と例の声が漏れてしまう。久しぶりの、本当に久しぶりの温泉だ。僕は、日本人なんだと実感する。
 当たり前のように、子どものころから湯船に浸かり、体が茹でダコのように真っ赤になり、湯気を立てながら、体を拭く。お風呂上がりには、コーヒー牛乳かフルーツ牛乳を飲む。
 そんな事がやけに懐かしく感じる。

 帰ったら、すぐに温泉に行こう。日本の、熱くて体が茹でダコになるような温泉に。そして、風呂上りには、コーヒー牛乳を飲もう。それは、きっととても幸せなことだ。

onnsenn (5)
温泉

 風呂から上がり、ほかほかの気持ちで、宿に帰る。風呂上がり独特の残り香を漂わせて。


onnsenn.jpg
ドナウ川の夜景
onnsenn (1)

onnsenn (3)
英雄広場

onnsenn (4)
これが世界一美しいマクドナルドらしい。

それでは、皆さん良い日々!
スポンサーサイト

ブタペスト

04 15, 2010 | ハンガリー

4 Comments
ブタペスト

 ハンガリーに着いてから、2日間。外はしっとりと雨が降っていた。旅に出てから、こんな本格的な雨は初めてだ。2日目、僕が宿から出たのは、夕ごはんの買い出しの時一度だけだった。

 僕が泊まっていたのは、andanteという日本人宿。旅先で出会った方に、そこに行けばフォアグラが食べられるから、と聞いてのこのこやって来た訳だ。結局食べれなかったので、もう一度リベンジをかけて行かなくていけない。

 しかし、この日の晩ご飯は、焼き肉だ。そう、焼き肉なのだ。焼き肉と白米だ。丸いテーブルを9人で囲み、真ん中にはホットプレートが配備され、そこで肉を焼く。思い出しただけでも、よだれが出てきそうだ。フォアグラよりも、焼き肉かもしれない。

ブタペスト (1)
焼き肉。

 2日間宿でのんびりすごし、3日目やっと少しの晴れ間が広がり、僕は外へと繰り出した。雨上がりの街は少し肌寒い。
 僕は、世界遺産に登録されている王宮の丘に向かった。途中で大きな教会、聖イシュトバーン大聖堂に出くわした。その教会は、上に昇れる。まず、3階まで昇り(エレベーターで)、螺旋階段をさらに登って行く。1番上まで行き外に出ると、街が一望できた。かなりの高さに足が震えているのがわかる。雲が急ぎ足で僕の頭の上を駆けて行く。

ブタペスト (3)

 街は、オレンジ屋根の建物が多く、地平線のように遥か向こうまで見渡せる。地平線を見ていると、どこまでも向こうが見えているのだろうと思う。しかし、どこまでも同じ様な景色を見ていると、まるで、すぐ傍のものしか見えていないんじゃないか、という感覚にも陥る。
 遠くにある山や、海で言うなら島が、僕に距離感や、地球の広さをを与えてくれているんだな、と思う。

ブタペスト (4)

ブタペスト (2)
聖イシュトバーン大聖堂

 教会を出て、王宮に向かう。ドナウ川に掛かるくさり橋を渡ると、すぐそこだ。王宮の丘からも町が見渡せる。まるでモスクのようなあずき色の国会議事堂がよく見える。ブタペストの真ん中にはドナウ川が流れている。

ブタペスト (5)
くさり橋
ブタペスト (6)
右 国会議事堂

 空が、曇り始めていた。ブタペスト全体が雨雲に包まれているような、そんな雰囲気だった。天気が安定しない。

 それは、そうと僕はこれから一度トルコに飛ぶ。そしてまたハンガリーに飛ぶ。そのときには、安定した春晴れを期待したいな。
 それと、フォアグラいや焼き肉を食べたい。また、よだれが出そうだ。

ブタペスト

 それでは、皆さん良い日々を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。