FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり

05 27, 2010 | イギリス

3 Comments
おかえり

 ロンドンにいるのだからと、僕はその日大英博物館へと向かった。ロンドン名物の赤い二階立てバスに乗り、博物館を目指す。バスを降りて少し歩いていると、大きな大きな建物が見えてくる。博物館の入り口付近には、沢山の人がいる。

JPG524 (9)

JPG524 (8)

 博物館に入ると、地域ごとにたくさんの文化遺産が並べられている。

jpgYUJI (1)

 二階に上がり、北側の部屋に行くと、本物のミイラがいくつか展示されている。1つは少し衝撃的なものだ。人がそのまま干からびた様な、そんな姿だ。まるで、痛みに耐えながら死んでいったように、足を曲げて、手を顔の前に置いて、呻いているような、その呻きが、今まさに聞こえてきそうな姿だ。
 
何年も、何百年も、何千年もの間、この姿のままで、残っているという事実は確かにすごい。でも、何となく、こういうものを見ていると、不思議な感覚になる。この人は偉い人だったのだろうか。ミイラにするということは、そういうことなのか。
 他の数個は、型に入っていたり、ぐるぐる巻きにされていたりして、その人自身をみることは出来ない。
JPG524 (2)
 
 その部屋の奥の道の階段を上ると日本の部屋になる。日本の文化を、海外で見るというのも、面白い。他の部屋と比べると、少し近代的な物が多かった。篠山紀信の写真(舞妓はん)や水木しげるの妖怪漫画なんかも展示されている。
 見比べていくと、こんなにも世界はそれぞれの文化を育んでいる。場所によって、全く別物の世界を作り出している。

JPG524 (1)

 大英博物館の見学を終えて、博物館の入り口のベンチに腰掛けてガイドブックを読んでいた。すると、ロゼッタストーンという名前が載っている。聞いたことがあるな、僕はそう思い、もう一度大英博物館に入り、ロゼッタストーンの場所へと向かった。入り口に着いた所で時間は5時28分。閉館が5時30分。僕はギリギリのところでロゼッタストーンを見逃した。入り口から、ロゼッタストーンらしきものは見えた。
 僕はそれでいい、とした。

 博物館を出て、タワーブリッジへと向かう。ヨーロッパに入ってから、暗くなるのが9時半頃だ。妙な感覚に囚われながら6時を回っても、昼間のように明るい街を歩く。

JPG524 (3)

 1時間程歩いたところで、タワーブリッジが見えた。テムズ川に掛かる大きな跳ね橋だ。感想は、特にない。

JPG524 (5)

 そこで、しばらくベンチに座る。また、赤い二階立てのバスに乗って、宿に戻った。

翌日、昼12時のバスに乗り、パリへと向かう。今回もぎゅうぎゅう詰めのバスはドーバー海峡を目指して走る。 
 行きは、多分列車で運ばれたのに、今回は船だ。船は、列車と違い、のんびりとドーバー海峡を進んでいく。
 かもめが船と全く同じスピードで飛んでいる。甲板から、海を見ると海は、ひどく濃い色をしている。船の周りにだけ白い泡のようなものが出来る。その泡はビールの泡よりも多分柔らかくて、シャボン玉よりもすぐに消えてなくなる。そんな泡に見える。
 風が強く、僕の伸びた髪が風に揺れる。そこで、何気なくI podでメールを確認していると、今日泊るはずの宿がクレジットカード番号を間違えたらしく、キャンセルになっていることに気付いた。
 どうしようか。僕は焦ったが、まぁなんとかなるか、と軽く考えていた。

JPG524 (6)

JPG524 (7)

 パリに夜の8時半に到着した。取りあえず予約した場所に行ってみる。フルだ、と断られた。もうそろそろ、薄いオレンジ色の空は、どこからともなくやってくる闇に連れて行かれそうだ。
 ガイドブックに載っている宿を2軒程あたってみるが、どこもフルだった。
 僕の野宿が決まった。旅に出て4カ月半。初めての野宿だ。駅にでも行けば、なんとかなる気がしていた。東欧の方では、夜中3時発の列車や4時着の列車があったはずだ。駅で座っていれば、なんとかなる。今夜だけだ。
 僕は、望みをかけて駅へと向かう。

 駅は閑散している。今は夜の10時45分。電光掲示板を見る。最終は11時45分だ。これはどういうことか。とりあえず、薄暗い駅の中で座る。すると、1時間もしないうちに、旅人風の人が1人、2人と増え、12時前には5人が駅の待合所で座っていた。
 僕は何となく、大丈夫なんじゃないかと思った。12時半、1人2人と眠る態勢に入る。僕は体育座りで、時間が経つのを待つ。
 1時になる少し手前、警察とドーベルマンがやってきた。僕らは、一様に駅を追い出された。夜の世界に取り残された僕は、明るい24時間営業のバーの近くに座った。万が一襲われても逃げ込めるようにと。
 旅に出て、初めて見るかもしれない外国の夜。深淵のような暗闇にオレンジ色の街灯がポツポツと灯り、まるでゾンビのように、フラフラと歩くホームレス。救急車の音が、街に響いている。
 
あるとき、救急車が猛スピードで、街を駆けてきた。すると、1人のおじさんが轢かれたフリを大げさにしていた。「うぉぅ!!」と言いながら大げさに転ぶ。救急車は止まらない。
おじさんは、おずおずと立ち上がり、公衆電話に向かい、自分で消防署に電話をし始めた。数分後に救急車が現れ、おじさんは、救急隊員にきつく叱られていた。すごい世界だな。僕は単純に感心する。それ以上の恐怖心を自分の中に押し込めて。
 朝の5時になれば、なんとかなる。その思いだけで、僕は時間が経つのを待つ。眠ってしまえばあんなにも朝は素早く迎えに来てくれるのに、今夜、光は僕をなかなか迎えに来てはくれない。
 
 毎日訪れるはずの朝が、こんなにも待ち遠しい。5時半頃、空が明るくなり始めた。僕は、太陽におかえり、と言いたくなった。

JPG524 (4)

 それでは皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

ロンドン

05 25, 2010 | イギリス

7 Comments
ロンドン

 ドイツ最後の日、その日は一日中雨が降り続いていた。朝起きてから、夜、夜行バスに乗るまで雨が降り続いていた。
 ドイツでは、あまり天気に恵まれなかった。少し残念ではあるが、それも仕方がないことだ。

 夜行バスに乗り、僕はフランスのパリへと向かった。バスは空いていて快適な時間を過ごせそうだ。僕が、席を二つ使い上手に寝ている所に、急に水が滴り落ちてきた。何かと思ったら、エアコンの所から雨漏りだ。
 それからしばらく様子を見るが、水が落ちてくる気配がない。僕は何かの間違いかと思い、もう一度睡眠に突入しようとする。
 少しうとうとした辺りで、またもや水が滴り、くるぶしに直撃した。冷たさに、僕は静かに跳ね起きた。そして、仕方なく席を変えて眠りに着いた。
 外の雨は止む気配もなく、バスの窓に強く打ちつけてる。

 朝6時半。フランスのパリに到着した。外は雲ひとつない快晴だ。僕はその日の14時のバスでイギリスへと向かう。
 持て余した時間を有意義に使うために、僕はパリの街へと繰り出した。取りあえず荷物を預けたくて、ロッカーを探す。地下鉄に乗り、少し大きめの駅で降りる。ロッカーが見当たらない。歩いて次の大きい駅を目指した。
 歩けど歩けど、ロッカーが見当たらない。僕は、半ば諦めて、のんびり休憩を繰り返しながら、進むことにした。荷物は重く、太陽の日が強い。シャンゼリゼ通りを、ヒーヒー言いながら無様な姿で通る。
 
ロンドン (1)
パリ
ロンドン

 疲れ切った僕は、早々にバス停に戻り、そこで休憩を兼ねてバスを待った。
 一時間前に、チェックインが始まり、長蛇の列が出来ている。列に並び、チェックインを済まし、バスへと向かった。僕は最初の方にチェックインしたつもりだった。しかし、バスに乗るときに後ろを振り返ると、数人いるだけだった。みんな、順番を抜かすのがとても上手い、と感心した。

 バスに乗り、僕は無事窓側の席を取ることが出来た。しかし、安息も束の間だった。前に座る黒人がリクライニングをこれでもかと、最大まで下げてきた。仕方なく、僕は通路側の席に移る。席を下げ過ぎて、時折前後の席で目が合いそうになる。僕は、急いで目をそらした。

ronndonn.jpg
・・・。

 窓から流れる景色は美しく、パリから2時間程走った所で、沢山の風車が見えた。僕は写真を撮影しようかと悩み、止めた。窓側の席が酷く遠く感じたのだ。
 ドーバー海峡の見える街で、イミグレーションを超える。フランスから出るのは、簡単だ。イギリスに入るのは難しい。
 根掘り葉掘り検査官に問いただされる。僕は、ライオンに睨まれた子羊のように、萎縮しながら質問に答えていく。
 僕は、本当に弱虫だ。

 なんとか、ハンコのガチャン、という音が聞こえた時は、本当にホッとした。無事にイギリスに入国することが出来た。

 そこから、バスはコンテナに詰め込まれた。40分程止まっていたかと思うと、イギリスに到着していた。きっと、列車に運んでもらったのだろう。夜の8時過ぎにようやく、ロンドンに到着した。

 翌日、ロンドン観光に出掛けた。バッキンガム宮殿を眺めて、衛兵の交代式をちらりと見た。鼓笛隊の音に合わせて、赤い制服を着て、頭がもさもさの人が行進をしている。それを見ようとすごい数の人が、行列を作って、あらゆる場所から眺めていた。

ロンドン (4)
バッキンガム前
ロンドン (5)
頭モコモコ
 
 僕は、太陽の日差しを避けるように、公園の木の下に大の字に寝転がった。遠くでは、まだ鼓笛隊の太鼓の音が鳴っている。
 その後、世界の基準となる時計、ビッグベンへと向かった。

ロンドン (7)
ビッグベン

 それ以外の時間は、長い間公園で過ごしていた。この日もロンドンは日差しが強く、とても暑い。それから逃げるように、僕は公園の大きな木の下で休憩を繰りかした。ロンドンは人も多く、すぐに疲れてしまう。木陰で過ごす時間は、涼しくて、とてもいい。
 暑さに弱い、というのは、旅行者にとって、きっと致命的なことだ。僕はそれを最近痛感している。これじゃあ、寒さに弱い、白クマだ。暑さに弱いラクダだ。

ロンドン (6)

 大きい木の下で、僕は花を見ながら胡坐をかいていた。最近、命について考えることがある。いつかのブログで僕は、「涙は、思い出、なんだな」と書いたことがある。インドで泣いている少女を見たときの話だ。
 僕は最近、生まれ変わりについての小説を読んだ。その話では、主人公の妻が亡くなってしまう。僕はそういう時、必要以上の涙があふれ出る。
 
 僕にとって、生まれ変わりというのは、どちらでもいい。あっても、なくても、どちらでも。こんなことを言うと、それを信じて止まない人々に怒られてしまうかもしれない。それでも、僕にとっては、どちらでもいい。
 僕が、いや人が人の死を思う時に涙が出るのは、その人への感謝や思い出や色んな事が涙になって、出てくるのだと、そう思う。ただ、僕はもしかしたら、僕たちは自分が死んだことがあるから、それを魂が覚えているから、人の死に敏感なんじゃないか、なんて考える。でも、もし死ぬことが、とても幸せなことなら、人は、何かの死をそこまで、悲しまないのかもしれない。じゃあ、結局なんなんだって。それは、どっちでもいいんだ。僕は、今、生きているから。この白い、名前も知らない花と同じように。

 しばらく、木陰で休み、僕は「よし!」と決心し、宿へと向かった。

ロンドン (3)


 それでは、皆さん良い日々を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。