FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクセー

01 31, 2010 | ラオス

6 Comments
ラオス

 今僕は、ラオスの南部パクセーにおります。ラオスは本当にネット環境がよくなくて、驚きますね。

 ルアンパバーンにゆっくりするつもりだったのだが、インドビザ取得のためにベトナムホーチミンに行かなくてはいけなくなり、いそいそとまた僕は動き出しました。
 
DSC_21111111.jpg
ルアンパバーンの町並み

 ルアンパバーンのキャッチフレーズは「古都ルアンパバーン」なのだが、最近はめっきり奇麗な町になったようだ。至る所にオープンテラスの店があり、洋食屋がある。イメージと違うのは多分僕のエゴだ。
 このルアンパバーンは托鉢がとても有名だ。托鉢とは、僧呂が朝に壺(のようなもの)を持ち、各寺ごとに並んで歩き、そこに人々がお供え物(ようなもの)を入れていく。というシステムだ。それを、僧侶たちが食べているかは、知らない。この托鉢も、まるで見せ物みたいに、朝からお供えしている人よりも遥かに多い旅行者がカメラを構えている。朝の薄暗さをかき消すように、フラッシュの光があちらこちらで光っている。中には道を塞いで写真を撮っている人までいる。多分その写真は彼らのベストショットになったんだろうな。

DSC_1901.jpg

 ルアンパバーンから、30kmほど離れた場所にタートクアンシーの滝がある。これは、めちゃくちゃ美しいんだ。水がエメラルドグリーンで、透けている。でも生き物はあまりいない。泳いでも良いらしいのだが、僕にはあまりにも勿体ないような気がしてならなかった。
DSC_2000.jpg

DSC_2013.jpg

DSC_1961.jpg

 そして、ここから怒涛の大移動。ルアンパバーンを夜8時半に出発。いわゆる夜行バスというやつなのだが、めちゃくちゃ狭い。しかも、不運にも僕の席と横のふとっちょの席だけノーリクライニング!ほぼ90度。しかも前の奴は倒してくるから、狭さがえらいことになりました。
 ラオスはすごい。トイレ休憩もトイレじゃないんだ。自然いっぱいの場所に止まって、「さぁトイレ休憩だ。」男性も女性もみんな大自然にダイブだね。
 夜中の1時頃、いきなり大爆発音。ドーンっ!! それでも、バスは止まらない。何だ何だと周りを見ると、後ろから煙が出てる。ストップ!ストップ!と気の触れたように、何人かが叫ぶ。それでもバスは止まらない。これは、すごいなと感心した。バスはようやく止まり、点検したら、バスのデカイタイヤにでかい穴が空いている。どうやったらあのタイヤがパンクするのか是非教えてほしい。
 そのときは夜中だったし、僕は本当に生きているのだろうか、とふと思った。実は死んでいるじゃないのかって。その感じがとても不思議だった。多分、異空間ってやつ、なんだな。僕は、生きている、そう拳を強く握った。

 無事にラオスの首都ビエンチャンに到着して思った、これは津市よりも小さい首都だと。ラオスすごい。その足で少し観光して、夜行バスでパクセーへ向かった。このバスは寝台バスだったため、僕は到着するまでずっと寝ていた。例え両側5㎝以内におじいさんと身長190センチのアメリカンボーイが寝ていようとも。この2日間の移動はまさに怒涛。何km移動したんだろ?
 そしてパクセーに着いて今度は50歳くらいの韓国人キムさんと部屋をシェアすることに。このキムさんは中々厄介だったのだが、その話はまた次に。

DSC_0346.jpg
アジアの凱旋門バトゥーサイ

DSC_0336.jpg
金ピカ タートル・アン

 そして、今は一人の幸せを噛みしめているところ。

DSC_2090.jpg
でも、こんな2人もいいよね。

  それでは、みなさん良い日々を。
 
スポンサーサイト

ラオス イン!

01 27, 2010 | ラオス

10 Comments
ラオス イン

 今、僕はラオスの世界遺産都市ルアンパバーンに来ております。


 チェンマイからバスに揺られ、いや揺すられ(本当に若干飛び跳ねてた)チェンコーンまで7時間。ボーダーまで汗だくで歩いて行き、ボートで国境を越えてラオスに入った。そこで1泊し、スローボートに乗り込み、1日7時間ほどメコン川を下り、2日かけて辿りついたのがここ、ルアンパバーン。
 ボートは退屈ではあったが、流れる景色が美しく、退屈でも嫌な退屈では無かった。牛が川辺を歩き(野生の牛っているのかな)、村人たちが釣りをしたり、漁をしている。メコン川はとても汚い。それでも子供たちは川で泳ぎまわり、母親たちは洗濯をしている。今の僕は汚い川で泳ぐことなんて、絶対にしない。洗濯さえ、しないだろう。それでも、ラオスの人々は川で遊び、川で魚を捕り、川で洗濯をする。それはきっと、生きることなんだろうな。そう、思う。メコン川の存在は多分、生きること、なんだろうな。

CSC_1738.jpg

DSC_1817.jpg

DSC_1833.jpg


 スローボートを降りたところで、韓国人のミョンハンに声をかけられ部屋をシェアすることになった。ルアンパバーンは今まで滞在したラオスの町からするとかなり都会だ。それでも田舎で、ラオスってすごいなと思う。移動が長かったので、少しだけのんびりしてこうかなとおもいます。

DSC_1616.jpg

 それでは、皆さん良い日々を!

タイからダッシュ

01 24, 2010 | タイ

7 Comments
タイからダッシュ!

 これから、僕はタイを出て、ラオスへ向かう。当初の予定では、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ネパール、インドというルートだった。でも、ミャンマーって通り抜け出来ないというじゃないか。驚いた驚いた。下調べもある程度重要だと、実感した。流石はビルマ軍。
というわけで、タイ→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→インド→ネパール→インドに変更。このスケジュールももしかしたら変わるかもしれない。でも、それもいい。

 旅っておもしれーな。そう思う。道はどこかで途切れてる。でも、行く道は、続いてる。この感じがおもしろい。
 とりあえず、明日はラオスに入り、1泊2日でメコン川を下りアルンパバーンという町まで行く。それからのことは、まだ決めていない。
 
DSC_0084.jpg

 僕は最近、信号に早く変われ!とは思わない。時間があるのはもちろんそうなのだが、信号が変わるのが待ち遠しい人は、目的地が決まっている人なんだ。人は道に迷ったとき、「信号早く変われ」とは、思わない。変わったら進まなくてはならないから。僕は今、迷子なのかもしれないな。

DSC_0307.jpg
多分、亀仙人だと思う。

 それでは、みなさん良い日々を。

チェンマイトレッキングツアー 

01 22, 2010 | タイ

4 Comments
チェンマイトレッキングツアー

 チェンマイ発2泊3日トレッキングツアーに参加してまいりました。

 九時半にピックアップトラックに乗り、メーホーソン(地名)へ向かう。その途中で、「ここで10分だ」と言われて着いた場所は、butterfly farm。Butterfly farmという割には、あんまり蝶がいない、上にあれは多分、蛾だ。
しかも、蜘蛛の巣に引っ掛かってんじゃねーか。

DSC_0003.jpg

 そのあと、Long neck village(首長族)の村へ。でも、そこは、村ではなかった。タイ政府に移住させられた首長族たちだ。家が数件とその軒先では、お土産が売られている。なんだこれ?
この言葉が一番しっくりくるような気がする。なんだこれ?首長族は見せモノのように暮らし、次々に観光客がやってきて、写真を撮る。なんなんだろうな。そしてそれを見に行った自分も。
 
DSC_0023.jpg
首長族は、あの輪のせいで、ひどく喋りにくそうだった。

 村(のような所)を出て、トレッキングがスタートした。歩いて最初に着いたのは洞窟。主に何もない洞窟。そのあと、村で休み。今日の泊まる村へ。でも、そこも村ではない。ただの村風宿泊施設だった。竹で出来た電気も水も通っていない、村風の宿泊施設だ。夜は電気がないから、九時には就寝。タイに来てから、初めての星空を見た。星はやっぱり美しい。
 
DSC_0073.jpg

 次の日は、象に乗ったり、竹の筏で川下り。なんとも、言えないアクティビティが目白押し。村風宿泊施設の村人が、象乗りなどの会社、チョクチャイツアーの従業員だったことは、内緒だ。
その後、トゥンマウンテン登山。2時間位で登れる山だったけど、初めてトレッキングっぽくて気持ちいい。そのあとは、もちろん村風宿泊施設へ。最終日は・・・、もう書くのもばからしくなってきた、というか面倒くさくなってきたので、割愛する。

DSC_0256.jpg

DSC_0270.jpg

 
でも、今はツアーに参加して良かったと思っている。色んな経験があり、多少騙された感は否めないが、それでもそうやって色んな事を知っていくしかないのだ。今回のツアーでの最大の収穫はタイ人の月給はだいたい9000バーツ(3万円位)という事と、フランス人は驚く程美しい、という事を知れたことだ。

CSC_0302.jpg

それでは、皆さん良い日々を。

日本人!!

01 19, 2010 | タイ

7 Comments
日本人!!

 僕が、カムペーン・ペッからチェンマイへ向かう長距離バスに乗るとき、僕は正直日本人との出逢いを期待していた。チェンマイは第二の都市だから、日本人がいるはずだ!!と。
 しかし、現実はそう甘くはない。満席のため僕は、乗務員席に案内された。右手に運転手、左手に乗務員二人。彼らは僕を間に挟み三人で会話を続ける。あのときの僕の顔は、ヤシの実を飲んだ時と同じ顔になった。甘いでもなく、酸っぱいでもなく、苦いでもないあの顔に。運転手と乗務員にその顔を見してやりたいくらいの気持だ。そのくせ、横のベテラン乗務員の香水の匂いだけは必要以上に甘い・・・、甘ったるい。
 そんな席じゃ、日本人は・・・いないよ。ネイチャータイ人しかいないもん。

DSC_1534.jpg
 「まじ勘弁してくだっさいよ~」の図(僕の気持ち)

 でも、次の日に、宿を安い宿に変えたら、いましたいました。60歳くらいのおじさん二人。「うひょー、日本人だ、日本語だ!」思う存分日本語を話して、うほうほ言っていたら、おじさん達はマッサージの話に夢中、いや無我夢中になっていた。僕はそっと席を立ち、部屋に帰った。だって、マッサージの値段、興味無いもん。
 その後、また一人の日本人に出会い、その方は29歳でお1人バックパッカー。僕はすかさず、「一緒にトレッキングツアーに行きませんか」「いいね~」 まじっすか!?
流石に1人でトレッキングは寂しいなと思っていたから、やっほい、うっほほいで今は少し、その方ナカネさんと共に行動している次第であります。たまに日本人と会うと嬉しいもんだ。


 今日は、ワット・プラ・シー・ドイ・ステープと傘の町ポー・サーンに行ってきました。
ドイ・ステープはNorth Thailandでは、かなり有名なワットらしい。でも改装中ならさ、書いとこ。改装中って。
DSC_1569.jpg

DSC_1561.jpg


ポー・サーンは番傘作りの町で、今月の下旬に傘祭りがあるらしい。多分ミス・アンブレラが選ばれるんだろうな。
DSC_1578.jpg


DSC_1252.jpg
母さん父さん僕は元気です。


 それでは、みなさん良い日々を!

チェンマイ

01 16, 2010 | タイ

11 Comments
チェンマイ
カムペーン・ペッを離れて、また北へ300km移動し、今はチェンマイにおります。思ったよりも、暑い。

 最近は、もっぱらレンタサイクルにはまってる。安いし自由だ。アユタヤは3kmくらいの町だから、自転車で十分だったし、カムペーン・ペッも小さい町だった。何より目指すものが調度良いスピードで近付いてくるあの感じがとても、良い。チャリ部のやつらは、いつもこんな楽しい事してたのかよ、と少し嫉妬してしまう。でもやっぱり山あり、谷ありだとしんどいんだろうな。でも、それが尚更、良い、のだろうな。
 ただ、本当におしりが痛くてしかたなかった。サドルが固いせいか、細いせいなのか、いや多分僕のお尻がソフトω過ぎたせいだろう。
DSC_1469.jpg

DSC_1379.jpg

DSC_kam.jpg


 これは、カムペーン・ペッ遺跡公園で、世界遺産に登録されているのだが、バンコク、アユタヤ(ここも、世界文化遺産)、カムペーン・ペッとどこに行ってもワット(寺院)しかないから、若干・・・飽きてきた。なんなら今は、小池徹平とウエンツの方が見たいくらいだ。
だから、スコータイという、世界遺産(もちろんワット)のある街はスルーして来た。だからといってチェンマイに何があるのかもいまいち分からない(もちろんウエンツはいないと思う)。
 
 トレッキングツアーにでも参加しようかと迷っているが、1200バーツはなにしろ高く感じてしまう。今は、日本円のレートが悪いみたいで、1バーツ=3.5円もするからさ。ちなみに僕の宿は200バーツ前後。
 
それではみなさん、良い日々を。

カムペーン・ペッ

01 15, 2010 | タイ

10 Comments
カムペーン・ペッ

 アユタヤから更に300kmほど北上し、今はカムペーン・ペッという所におります。流石に、夜は少し肌寒く感じるくらいの温度になりましたよ。

 今日はタイ料理などについて少し。
まずは、カーオ・パッド。これはタイ風チャーハンで、当たり触りなくて旨い。横のスープがトム・カー・カイ。ココナッツベースのスープで、スープとキノコ、チキンはおいしい、が竹の子の既に竹になったようなものと生姜をそのままスライスしたようなヤツがいけ好かない感じを醸しだしている。

DSC_1361.jpg

DSC_1324.jpg

 次がパッ・タイ(パット・タイ)これは、タイ風ヤキソバだ。これもすごくおいしい。しかし、僕はお料理コメンテーターに向いていないらしく、全く語彙が出てこない。そのため地球の歩き方を参照しようとしたら、僕以上に分かりにくかったため却下した。

DSC_1215.jpg

 最後が南国フルーツヤシの実(?)。ヤシの実だと確信して買ったのだが、違うのかもしれない・・・。僕のイメージでは、ココナッツミルクの味を想像していた、でも実際は甘さも、酸味もどれをとっても中途半端で何とも言えない味だった。自転車に乗っていたため、そこで飲み干すしかなかったのだが、お店のおばちゃんがニコニコこちらを見ていたため、僕は「ふぅーん、でりしゃす」と言ったら、スプーンをくれて、おばさんがヤシの実の中のゼリー層を削ぎ取ってくれた。このゼリー物体も全く同じ味だった。急いで食べて、ヤシの実をおばさんに渡し、自転車にまたがり夕日に向かってダッシュした。

 カムペーン・ペッは世界遺産のカムペーン・ペッ遺跡公園があるのだが、なかなかの田舎である。だからなのか、人は優しい。僕がこの街に着いて歩いていると、お兄さんが「どこにいくんだ?」と声を掛けてきた。僕は「Three J guest house」と言うと、「乗れ」というから、「いくら?」と僕は聞いた。お兄さんは「いらない」という。僕は車に乗り込み、少しだけ、怖くなった。でもお兄さんは、ゲストハウスまで連れていってくれた。三回くらい道を間違えて、その都度人に聞きながら。もしかしたら、これがこの旅での初めての出会いだったのかもしれない。でも、僕は最後まで疑っていた。僕は、最後まで怯えていた。そんな自分が少し嫌になった。思いだすと、悲しくなる。
「信じる」これは、とても難しい。「疑う」これは、簡単だ。あんなにも簡単なんだな。もう一度会えたなら、僕は信じたい。この怪しいやつのことを。

DSC_1387.jpg

うん。確かに怪しい。

ワット・プー・カオトーン
これは、アユタヤのワット・プー・カオ・トーンっていう遺跡。
 
                             それでは、みなさん良い日々を。

日本人の行方

01 13, 2010 | タイ

13 Comments
 タイに来てから5日が経つ。「タイの妖艶な誘惑に気を付けて!」その言葉を背に受けて来たが、晩ごはん中に寄ってくるのは、蚊だけだ。もう、めちゃくちゃかゆい。暑いのに、長袖・長ズボンでごはんを食べている。それでも寄ってくる。蚊だけは・・・。

 「タイは日本人だらけだから」これも、言われていた。でも、日本人いないぞ!?ここまでいないと逆に日本人が恋しくなる。と、思っていたら居ました。

DSC_1140.jpg
 
 あぁそうか、日本人は象に乗っているんだな。それは見つからない訳だ。象に乗ってちゃね。それとどうでもいいことなんだけど、象の歩き方って思ったてたよりもずっと可愛い。

アユタヤはとても夕焼けが似合う街だと思う。ビルマ軍に破壊された、遺跡群はどれもレンガ造りで夕日に照らされて赤く染まるそれは、とても綺麗で、でもどこか淋しげに見える。破壊される前はどんな眺めっだったんだろう。

DSC_1364blog.jpg

 トゥクトゥクについて質問があったので、載せます

DSC_1342.jpg

 上のやつがトゥクトゥク(アユタヤVer)。この三輪車に1~4人乗せて走る。値段は交渉制なので、面倒くさい。トゥクトゥクのおじさんの売り文句は「ヤスゥーイ」と「トオォイ」だ。僕はすかさず「なんで片言やねん!?」と突っ込んでいる。(もちろん心のなかでだが。実際は「の、のーさんきゅう」と片言でいっている。)
                                    それでは、みなさん良い一日を!

アユタヤ

01 12, 2010 | タイ

10 Comments
アユタヤ

僕は、バンコクの人の多さと暑さに滅入り、バンコクから北へ80キロのアユタヤへやってきた。
 バンコクよりは少し、ほんの少しだけ涼しいような気もするが、やはり暑い。あと臭い。
でも、バンコクよりも人が少なく、何となく気楽だ。

 昨日はアユタヤのWat Mahathat(ワットマハタート)を見に行った。とても、美しかった。ビルマ軍に破壊されつくした、その遺跡はとても美しい。仏像は見事に破壊され、顔のある仏像は多分、2体だけ。その2体が穏やかな顔をしていたのが、なんだかとても切なかった。
 破壊された遺跡の上で、銃を持って遊ぶ子どもたち。歴史はこうして繰り返さるのだろうか。

壊された仏像

仏像アンド俺

ワットマハタート

仏像
 ワットマハタートで有名なやつ。


 さて、今日はどこへ行こうか。毎日何をするか考えるので、今は必死。あと夜はめちゃくちゃ寂しい・・・。
 それでは、皆さま今日も良い日を。

カオサンロード

01 11, 2010 | タイ

5 Comments
みなさんコメントありがとうございます。嬉しくて嬉しくてです。

 こんなに更新してるのは、きっと寂しいからなんだろうな。きっと、みんなとつながっていたいからなんだろうな。そんな風に思う。もう少し強くならなくちゃ、とも思うけど、これでいいのかもな、とも思う。一人よりみんなで分かち合ったほうがきっといい。きっといい。



 僕は今、タイのカオサンロードにいる。ここは、とにかく暑い。日本は真冬だったのに、タイでも一番涼しい時期のはずなのに・・・。めちゃくちゃ暑い。しかも臭い。暑がりの僕は、それだけの理由でタイの北部に行こうかと本気で考えている。だって暑いんだもん。

 ここバンコクは、かなり都会だ。スワンナプーム国際空港は成田よりも広い。ビルが立ち並び、車やトゥクトゥクが排気ガスを立ち上げている。まるで、日本だ。


 今日は自分のパソコンじゃないので、やりにくい上に画像のアップがやりにくいので今日は一枚だけ。


dousita

どしたん!?ってなりました。アテレコ募集です。一番面白かった人、発表します。

 あと、中村さん、ドラゴンボールの実況はいらないですよ(笑)あしからず。
それでは、みなさんお元気で

出発

01 10, 2010 | 出発

6 Comments
出発

 とうとう、世界一周に旅立つことができた。夢が現実になり、希望が不安に変わった。
今はとてもドキドキしている。良くも悪くも。でも、送り出してくれた家族や友達の顔を思い浮かべると、自然とやっていけそうな気もしている。

 なんとか、なるよな。

 今日、見送りに来てくれたみんな、本当にありがとう。搭乗口へ向かうとき、抱擁して「頑張れよ」って言われたとき、本当に涙が出そうになった。抱擁ってきっとそういうもんなんだろうな。
 それから、搭乗口に並んでいるときに我慢していた涙が、少しだけ出た。きっとそれは、人は人の優しさによって満たされるからなんだろうなと思う。本当にありがとう。


出発


  今はタイに着いて、宿で途方に暮れている。明日はどこへ行こうかな。何をしようかな。

タイ

 宿のベッドにはタオルで作ったハクチョウがハートマークを作ってお出迎えしてくれたけど、これはきっと気のせいだ。
 それでは、みなさんお元気で。
 なるべく更新していくように頑張ります。メッセージだけは人一倍待ってます

                     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。