FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムとお別れ

02 17, 2010 | ベトナム

6 Comments
ベトナムとお別れ

 今日、やっとインドビザを貰え、明日の朝にカンボジアに旅立ちます。ベトナムはなかなか疲れることも多く、なんだかほっとしています。

 ベトナムは今年、2月14日~16日まで旧正月だった。ベトナムというより、中国や朝鮮半島、台湾、モンゴルなどで、この旧暦を採用している、らしい。僕は今までそんなものがあるなんて知らなかった。12月31日が世界中で大晦日だと思っていた。いや、実際にはそうかもしれない。もちろん1月1日から、年が変わるんだから。でも、とりあえずこの旧正月は、ベトナムでは最大の祝日なのだ。だから、もちろん交通費もツアー代も割り増しだ。僕なんて、旧正月が終わっている18日のチケットさえ割り増し料金で買ったくらいだ。
 
DSC_0987.jpg
イルミネーションというのは、寒い季節にあるものだと思っていた。だから、この暑さの中に光り輝くイルミネーションはなんだか、違和感があった。
DSC_0978.jpg

 13日に僕はホテルの7階に宿泊していた。そのため、14日へのカウントダウンとか、花火とか部屋から見える、うひょー、と思っていた。しかし、すごい。ちょうど部屋と反対側から花火の音が。なんとか、首を伸ばしてみるが音だけ切なく鳴り響いていた。一応外に行ってみたが、ホテルに囲まれていて何も見えない。僕の部屋から見えたのは、違うホテルや家の屋上から花火を見ている人たちだけだった。もどかしい。日本での大晦日も、バイトの厨房で過ごした。次は花火を見ている人たちを見て過ごした。でも、それだけのことだ。
 

 ホーチミンは特にやることもない(と思う)。だから、メコン・デルタツアーというものに参加した。もちろん割り増し料金で・・・。
「メコンデルタにいかないと、ベトナムから帰れない!」というフレーズがガイドブックに載っていたものだから、それはもう行っとかないといけないんじゃないか。そんな気持ちもあった。
メコンデルタとはなんなのか、それがいまいち分からなかった。今でもあまり分かっていない。でも、とりあえずメコンデルタ、というのは、メコン川の流域に広がり肥沃な大地を持つ地帯のこと、らしい。そこでは、主に穀物生産が行われているようだ。
メコン川は遥か遠いチベットから流れだし、中国を通りミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムへと注がれている。その距離は4000㎞もあるらしい。僕はタイからメコン川を沿うようにラオスを南下していたため、その間ずっと傍にあったメコン川には不思議なものを感じる。

 ラオスに入り、メコン川に出会った。たくさんの船が行きかい、船からの排泄物はメコン川に垂れ流される。それは川の生物たちの養分になっているのかもしれない。そして、そこでは牛が水浴びをし、人も茶色い水の中で水浴びをしていた。男がメコン川で漁をし、女性はメコン川で洗濯をする。その人間の営みを背負いメコン川は流れ続ける。
 
 僕もラオス南部の島、ドンデット島では洗濯した。僕の汗も染み込んでいる、という訳だ。その果てがこのメコンデルタの地帯だ。その上流からの汗や排泄物なんかが、メコンデルタの肥沃な大地を作り出しているのだろうか。
 
DSC_0336231.jpg
僕が洗濯したのは、水が透明なメコン川。

DSC_0124.jpg
こちらは、泥水色したメコン川。
DSC_0137.jpg

 ツアーはユニコーン島という島で、ジャングル(風)クルーズやココナッツキャンディの製造過程を見たりする。ついでに蜜蜂を見たり、伝統的な音楽を聞いたりと、肥沃な大地とは関係ないアクティビティが満載なんだ。
そして肝心の穀物畑には、行かない。結局メコンデルタってなんなのか、分からない。もしかしたらジャングル(風)クルーズが肥沃な大地だったのかもしれない。でもこれで、心おきなくベトナムから離れられる。

DSC_0185.jpg
メインのジャングルクルーズ。とてもおしり痛い。

 そうそう、僕が今回のツアーで一番印象に残ったのは、ガイドがタイガー・ウッズとノッチを足して2で割ったような顔をしていたことだ。※(いい写真がありません。すいません。)

DSC_0244.jpg
ホーチミン郵便局。ここへ行けば片言日本語のガイドと、おばちゃんツアー集団にもれなく遭遇できます。

 それでは、みなさん良い日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。