FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキ

04 06, 2010 | フィンランド

5 Comments
ヘルシンキ

 インドを飛び出して、7時間半。北欧のヘルシンキに到着しました。

 朝、4時半にホテルを出て、空港へ向かった。朝の空気は涼しく、外はまだ暗い。空港に到着し、チェックインの時間までは、まだ時間がある。ポケットに入っていた30ルピー。丁度30ルピーの紅茶を飲みほし、ルピーを綺麗に使いきった。だんだんと外は白み始め、チェックインの時間が近づいてきた。パスポートコントロールを抜けて、待合室から、2便程飛び立つ飛行機を見送る。
 AY022 FINNAIR フィンランド行き。日本人は僕、だけだ。

DSC_0185fdsa.jpg

 体に震動が伝い、飛行機は宙に浮き上がる。5000km先にあるヨーロッパ大陸、北欧のフィンランドを目指す。
 出発から2時間が過ぎたころ、眼下にはカラコルム山脈が見えた。雪に覆われた頂がいくつも連なり、辺りは、白い山頂と茶色と黒の麓で美しいコントラストが築かれていた。世界第2位の山、K2を探してはみるが、どれが一番高いかなんて、分らない。その遥か上空を行く飛行機。
 山脈を越えて、穏やかに広がる雲は、不思議なくらいに同じ高さを漂っている。まるで、陸と空にサンドされて、そこに丁度、境界線がある、とでも言うように。

 フィンランド、北欧の大地が見え始めた時、天気が変わる。辺りは、一面雪景色に変わり、空は少し厚い雲に覆われていた。冬の、空の色だ。
 森は葉を落とし、雪は溶け始めているのか、所どころ茶色い。

 飛行機は、急旋回し滑走路に向かう。体に振動が伝い、飛行機は陸に吸い込まれるように着陸していく。

 外に出て、外の寒さを確かめる。薄手のパーカーに冷たい風が当たり、首筋から体が冷えるのを、感じる。
 バックパックの奥底から、ダウンジャケットを引っ張り出した。ダウンジャケットに腕を通し、ローカルバスに乗り込む。バスの窓から流れていく景色は、ゆったりだ。残雪が辺りを埋めて、町を歩くカップルは、寒そうに肩を寄せ合う。

ヘルシンキ

 僕は、ヘルシンキの中央駅で、バスを降りた。大きなショッピングモールに、広場でスケボーの練習をする、子ども。建物はどれも美しい。空は、相変わらず少し低く、冬空だ。宿までの途中にあった湖は、凍っており、ほんの少し溶けた場所に、合鴨たちが、たむろする。
 町の到る所に、トラムが走り、バススタンドには、バスを待つフィンランド人。どれを取っても絵になる。

ヘルシンキ (1)

ヘルシンキ (3)

 オリンピックスタジアムの裏にある、stadion hostelに到着し、チェックインした。2泊で38ユーロ(4700円位)だ。僕が、空港で両替した、100ドルはみるみる内に小額紙幣に姿を変えていく。手元に残ったお金で、ご飯を食べに向かった。途中で、スーパーにより、明日の朝ごはんなどを買い、レジを通ると、僕のお財布は既に晩御飯を満足に食べられるような状況ではなくなっていた。
 
 足早に宿に帰り、先ほど買ったパンとハムとチーズとトマトでサンドイッチを作って食べる。物価の高さには驚くが、何故かニヤニヤしてしまう。初めてのヨーロッパに、今は少し、陶酔しているのかもしれない。

ヘルシンキ (2)

 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。