FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュ

06 06, 2010 | モロッコ

6 Comments
マラケシュ

 マラケシュ空港に朝の8時ごろ到着した。飛行機の上から見ても、見渡す限りの平野、そして荒野。緑色した木々も申し訳なさそう程度に、生えているが、背は低く見えた。

 空港の外に出ると、真っ青の空が広がっている。まだ時間が早いこともあり、思ったよりも暑くはない。
 僕はバスに乗って市街へと向かう。ジャマ・エル・フナ広場の前でバスは止まった。降りると、どこか懐かしいような雰囲気に包まれた。埃っぽい空気の中で、客引きのおじさんや子供たちが、僕に寄ってくる。ジャポン、ジャポンと、寄ってくる。

マラケシュ (3)


 僕はそれを振り切りながら広場を奥に向かって歩いてく。どんどん日は高くなり、気温が急に上がっていくのが分かる。
 なるべく日陰を歩きながら宿を目指した。宿に着くと、日本人の方が僕を迎え入れてくれた。すごく久しぶりに感じる。
 お茶を入れてもらい、スペインでの話なんかを話していた。僕はまだ、その事実を話すのに慣れていないようで、少し口が上ずり、手が震える。

マラケシュ
宿

 それを聞いていた、大阪から旅に来ていたおば様2人にも話を聞いて貰い、励ましてもらった。その内の一人の方も、ポルトガルでスリに遭ったそうだ。
 僕は日本語を久しぶりに話しているような感覚にさえ陥りそうなくらい、嬉々として、日本語を話した。安心出来る空間だった。

 その2人の方は、今日カサブランカに発つという。僕も駅にチケットを買いに行く予定だったので、3人で、駅へと向かった。駅に向かうタクシーは蒸し風呂のように暑い。途中で通り過ぎる温度計には43℃という標示が出ていた。

 暑さで眩暈を起こしそうだ。

 駅に到着し、列車の時間まではもう少し時間があるようで、お昼御飯を一緒に食べることになった。マクドナルドだ。

 かなり久しぶりに食べるような気がする。外食自体が久しぶりだ。おば様にマクドナルドを御馳走になった。その時食べたチーズバーガーは、今まで食べたマクドナルドの中で一番おいしかった。これは本当だ。食べた瞬間にニヤけてしまう、あの感じを久しぶりに感じた。

 僕は2人に励ましてもらい、そうですね頑張らないといけないですね、と言った。すると2人は、頑張る必要なんてないじゃない、と言った。イグアスの滝やイースター島、行きたくて仕方ない場所に行くんでしょう。楽しめいいのよ。

 僕はこぶしを強く握った。そうだったな。僕の旅の目的は、頑張って時間を潰すことではない筈だ。見たくて仕方がないものを見に来たんだ。

 2人にお礼を行って、ホームに消えていく後姿を見送った。

マラケシュ (2)
マラケシュ駅

 その日の夜にも日本人の同年代の方4人でご飯を一緒に食べた。本当に楽しくて、ご飯もおいしく感じられる。旅はこんなにも楽しいじゃないか。

マラケシュ (4)
タジン料理
マラケシュ (1)

 久しぶりに気持ちが綻んだ。本当に色んな人に会えて、僕は今楽しいことをしているはずだ。頑張る必要なんて、ないじゃないか。
 夜の広場は騒がしくてあちこちから、煙が上がり、呼び込みの声がかかる。僕は適度に無視しながら、これなんだな、と思いながらニヤニヤしていた。

マラケシュ (5)


 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。