FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンチアゴ

07 13, 2010 | チリ

3 Comments
サンチアゴ

 ビーニャ・デル・マルから、バスに乗って2時間でサンチアゴに到着した。外は土砂降りに変わっていた。風は強く、道路も冠水している。

 僕は、バスターミナルでアルゼンチンのメンドーサ行きのバスを探した。バス会社の看板には、メンドーサの文字が躍る。けれど、メンドーサ行きのバスは、どこもいっぱいで明日しかないようだ。僕は、道路に打ち付ける雨を見ながら、ガイドブックで宿を探した。めぼしい宿は、1つしかない。ユースホステルだ。最寄りの駅から徒歩10分。

サンチアゴ (1)
サンチアゴ

 僕は、地下鉄で最寄りの駅まで向かった。雨の日は地下まで湿っぽい。地上に出る階段を上っている時点で、雨が顔に強く打ちつけてくる。
 僕は、フードを被り宿へと向かった。道があまりよく分からない、けれど、北へと向かう。2ブロック目を左の筈だ。慎重に、1ブロック、2ブロックと数えて左へと向かった。その途中、横を走る車が2度水を大胆に跳ねた。まるで失恋したヒロインのように、僕は水を被ったわけだ。ジーンズがぐっしょりと濡れて、靴の中も洪水状態になった。

 左に曲がり、通りの名前を頼りに、宿を探す。最寄りの駅から徒歩10分。10分なんて10分前に過ぎている。僕は、打ち付ける雨に目を細めた。
 それから10分後、僕は、宿にチェックインを済まして、びしょびしょになった服と、バックパックのレインカバーを部屋に干した。2段ベッドの下に寝転んで、ふと上を見ると沢山の落書きが目に入る。思わず高校の寮のベッドを思い出していた。

 誰かが、ここに名前を記したんだな、とその文字たちを僕は手でなぞった。そこには、僕の知っている名前が1つだけ記されていた。THE BLUE HEARTSだ。何故それをここに、記したのか、それはその人にしか分からない。

 僕は、その文字を見ながらI pod を手に取り、THE BLUE HEARTSの「青空」を選択して、再生ボタンを、押した。
 外は、まだどしゃ降りで、風の音が、ピューピューと強く吹き、まるで幽霊のうめき声のようにも聞こえる。その音をTHE BLUE HEARTSは優しく掻き消した。
 そのとき僕の耳に、心に聞こえるのは、ブルーハーツの歌だけだった。2段ベッドの上には、少し青空が広がっていた。彼もこんな気持ちだったのかも、しれない。僕は、そんな風に思った。次の曲との合間に少しだけ流れる、短い沈黙が妙に心地良かった。

サンチアゴ (3)


 翌日、雨はすっかり上がり、空は間違いなく青空、だった。昨日僕が2段ベッドで見た青空よりも、多分、青空だった。僕は、地下鉄へと向かい、わかったことが1つある。迷わず行けば、駅から宿は徒歩10分だということだ。

 バス停に、到着してお菓子を選んでいると、出発10時間際になり、僕はバスに飛び乗った。雪山が左右に沢山連なる道を快調に走る。アルゼンチンとの国境が近づいてくると、雪は更に深くなった。
 バスから見える景色は、白くなった。

サンチアゴ (2)

サンチアゴ (5)
ボーダー

 12時前に山の下で、バスは止まり、1時間ほど待機していた。何のための待機だったのか、1時過ぎにバスは動き出した。乗客からは拍手が巻き起こっていた。僕も、軽く手を叩いておいた。
 
 国境に着いたのは2時頃で、国境を出発したのは5時過ぎだった。時間が、かなりかかる。そこからメンドーサまでは、もう日が沈んでいて、真っ暗な道をひた走る。
 8時半にメンドーサに到着した。僕が持っている乗り継ぎのチケットは8時だ。乗り継ぎに間に合ってない、じゃないか。
 僕が、窓口に並ぶと、カウンターの人は、露骨に嫌な顔をしながら、時間を変更してくれた。22時発のバスに乗って、ブエノスアイレスへと向かった。
 寝る前にチョコパイが1つ配られ、朝到着の前にチョコパイがもう一つ配られた。アルゼンチン人の主食はチョコパイなのかと、本気で心配した。

 11時頃から、街並みが一気に都会になり、12時半にブエノスアイレスに到着した。
良く晴れた、温かい日だった。チリがずっと寒かったから、それだけでも嬉しい。

サンチアゴ
パブリックビューイング

 バス停の柱にでもTHE BLUE HEARTS と記しておきたくなるような、そんな、「青空」だった。

サンチアゴ (4)
ブエノスアイレス

それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。