FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコ

09 15, 2010 | アメリカ

5 Comments
サンフランシスコ

 サンフランシスコの、ユニオンスクエアで古川と8カ月ぶりに再会した。待ち合わせ時間に4分ほど遅れて公園の階段を登ると、古川が立ちあがり手を振った。
 僕らは、日本から8500km余りの距離を超えて久しぶりに出会って少し話をした。彼もまた、インドでボランティアをして、ロンドンを経てアメリカへとやってきた。アメリカから日本に帰れば軽く世界一周になるという寸法だ、コノヤロウめが。

san francisco (6)
サンフランシスコ

 僕らは、早速レンタカー屋さんへと向かい、手続きをする。店内は少し込み合い、時間がかかったが、無事に今回の僕らの相棒KIA(韓国社)のRIOに乗り込むことが出来た。
左ハンドルに、右側走行、更に言うと大都会サンフランシスコ。運転手の古川氏は微かに震えているように見受けられた。

 取りあえず、ナビをラスベガスにセットし、この街を2人で出よう、と夜逃げ(昼間だが)同然に持てる限りの荷物(持っている荷物全て)を車に詰め込み出発した。サンフランシスコの街は広く、何度か道に間違え、降りなくてよいフリーウェイを2度ほど降りた後、ようやく車通りの少ない大平原地帯までやって来た。今日ラスベガスまで行けるかしら、とナビの地図を見てみるが、行けたとしても今日の日付は超えることになる。行けるところまでいこうじゃないか。僕らの気持ちは少し高ぶっていた。

san francisco (3)
途中の湖

 走り出した頃から半分ほどしか入っていなかったガソリンはそろそろ底を着きそうで、朝から何も食べていない僕らのお腹は疾うの昔にエンプティーランプが付いていた。
 サブウェイを併設した、ガソリンスタンドを見つけ僕らは、フリーウェイを降りてガソリンスタンドへと向かう。ちなみに腹ペコなのは、僕らとRIOだけではなく、ナビも、だった。電池が切れるなと思い、付属のバッテリーチャージャーを車のシガーソケットに差し込み、電力を供給しようと思ったが、ウンともスンとも(もともとウンともスンとも言わないが)、言わない。チャージャーの野郎に、充電しようという心意気が感じられない。お前本当にやる気があるのか、と問いただしたくなるが、彼は充電を放棄している。このままでは、僕らは路頭に迷い、道にも迷うことになってしまう。

 取りあえず、ガソリンを満タンにして、僕らのお腹も満たして、残るはナビだけだ。問題は、チャージャーが12ドルするということで、このお金をレンタカー会社に返してもらえるか、だ。僕らはお店の気の良いおばちゃんにお願いして、会社に電話をしてもらった、のだが、会社側は一向に出る気配がないようだ。どうやら会社側も腹ペコでご飯にでも行っているのかもしれない。

san francisco
僕らのRIOとムハマンド

 結局、電話は応答されなかったため、僕らはNEWチャージャーを購入した。そいつは、いかにも充電しやすぜ、というテカった顔していた。さっきのチャージャーのソケットに差し込む部分はもう寂しげ(というより錆びていた)な顔をしていたのが思い出される。

 僕らは、満タンのお腹を車に乗せて、国道5号線をひたすら南へと向かった。一泊目はどこに泊ろうか、地図と睨めっこをして、今日の宿はバストーという街に決まった。ここはラスベガスから230km程南西にある街だ。決して大きくはない。
 一日目は車中泊を決め込み、僕はお巡りさんか不良中学生に起こされないことを祈りながら眠りに着いた。
 暑くて何度か目が覚めたが、なんとか朝を誰にも起こされずに迎えることが出来た。

 朝は、スターバックスで優雅に歯を磨き、顔を洗った(もちろんコーヒーも頂いている)。今日もまた、僕らはRIOに乗り込む。昨日は700km走った。今日はSt.georgeと言う町まで向かう。ここから450km程北東に行ったところだ。

san francisco (5)
スタバー
san francisco (1)
バストー


 快調に国道15号線を東へと向かう。道は真っ直ぐで、ピックアップトラックが僕らを抜かしていく。日差しは強く、砂漠の街ラスベガスまで、もう少しだ。

san francisco (2)


 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。