FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドキャニオン ノースリム

09 28, 2010 | アメリカ

0 Comments
グランドキャニオン(ノースリム)

 ラスベガス(の方角)へと、僕らは車を走らせる。すでに、スターバックスのWi-Fi Freeを駆使してSt.georgeの街に、今夜の宿を予約している。一泊目の車中泊が思ったよりも狭くて暑かった、からだ。

 バストーを出発してから、300km近く、砂漠にも似た道を走る。時折、僕らは小さな町を通りすぎた。75マイル、およそ120kmでフリーウェイを進む。小さな町は瞬く間に見えなくなり、また荒々しい自然の中を走る。

ノースリム (2)


 そこを抜けると、急にビルが見え始めた。Las Vegasの文字が目に入る。僕と古川は、どうするどうする?と相談をして、帰りも通るよな、と言って、Las Vegasを通りすぎた。フリーウェイの両側にはビルやネオンの看板が広がっている。砂漠の中に、ポツリとオアシスが広がっている。 
 焼けるような暑さの中に、人工的なエアーコンディションで冷やしたビルが並び、街は砂漠以上に干からびそうな空気が流れていた。

 Las Vegasを抜けると、またあたりは殺伐とした風景に変わる。そこから北東に100kmほど行くとSt.george、今夜の宿へと辿りついた。

ノースリム (3)
St.george

 翌日は、グランドキャニオン・ノースリム(サウスリムが有名な方)へと向かうべく、朝は早目(9時ごろ)に宿を出た。
 St.georgeを出るとすぐに、また道の両側には荒々しい山々が広がった。小さな町を超えると、どこまでも真っすぐな道に出る。
 地平線までの距離は視線の場所にもよるが、4kmと少し。僕らは走りながら地平線を追いかけるけれど、地平線は僕らとの距離を4kmほど保ちながら逃げていく。それは突然に形を変えて地平線ではなくなり、それと同時に、少し大きな街が見えた。Fredoniaだ。その町を抜けると、少しずつ当たりの緑が増え始め、グランドキャニオンへの距離を示した看板のマイルがどんどん減っていく。グランドキャニオンへ40マイルを切った時、周りは沢山の木々に囲まれていた。

 グランドキャニオンのエントランスを超えて、スーパー林道のような道を走ると、所々にベンチが置いてある休憩所がある。
 僕らは、一度そこで止まり、お昼休憩にすることにした。お昼御飯はマルちゃんのカップラーメンだ。古川が持参したガスコロンのカートリッジと、一昨日ホームセンターからアウトドアショップまで探し回ったガスでお湯を沸かしてラーメンを食べた。

ノースリム (4)


 パンチが足りないラーメンであることに違いなかったが、そんなことは問題ではなかった。日向に出ると、暑いこの場所でも、木陰に入ると驚くほどに涼しかった。ラーメンを食べている木製のテーブルの向こうには、木の間から峡谷が見える。

 こんなところで、食べるパンチの足りないラーメンは、僕らをやけに贅沢な気持ちにさせてくれた。

 少し休憩をして、グランドキャニオンへと向かい、駐車場に車を止める。

 Visiter Centerで案内された方へと向かうと、グランドキャニオンはすぐに、僕らの視界の中に溢れ出んばかりに入ってきた。もちろん入りきるサイズではなくて、どこまでも続いていて、どこまでも美しい。


ノースリム (5)
グランドキャニオン ノースリム
ノースリム (7)
ちょかる古川

 それは、まるで整理されたもののようにも思える。自然というのは、時間が流れれば流れるほどに、自然と整然としていくものなのかもしれない。
 グランドキャニオン・ノースリムの遊歩道を歩いて行くと、視界が開けた。空は青くて、その中に雲がちょうど同じ高さに浮かんでいる。4000m位だろうか、それとももう少し高いのか。
その下、標高2000mほどの高さでちょうど、テーブルマウンテンのトップが並んでいる。まるでそれはその上は雲の領域だ、とでも言わんばかりに、きれいに並んでいた。

ノースリム (6)


 遊歩道の行き止まりまで、歩くと、そこに一枚の大きな岩がある。僕らはその上に登り、あたりを眺めた。
 風が強く吹いている。強い風の中で、雲は悠々とのんびりと動く。これが、ここの時間の、時代の流れなのかと思う。

ノースリム (8)

ノースリム (9)


 風は急いで吹き続け、その中で雲はのんびりと浮かび、峡谷は静かにゆっくりゆっくりと形を変えていく。
 遠い昔から何も変わらず、やってきたのだろう。
 僕らは、それよりもずっとずっと早い速度で、生きて、次の場所へと向かう。

 車に乗り込んで、気持のいい林道を時速120kmで、僕らは進む。雲は相変わらず、のんびり浮かんでいる。
 
ノースリム


 それでは、みなさんいい日々を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。