FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニュメントバレー

10 23, 2010 | アメリカ

3 Comments
グランドキャニオン(サウスリム)

 アンテロープを出て、標高を上げながらグランドキャニオンに向かう。South Rim East Entranceを抜けて、グランドキャニオン・サウスリムの地図を貰った。
 その地図を見ると、50km近く広がるグランドキャニオン国立公園の中に10か所程のView Pointが記されている。僕らは、まず、サウスリムの東入り口から一番近いDesert View Pointに向かった。
North Rimとは、少しだけ何かが違う、それが僕の感想だった。何が違うのか、それはイマイチ分からないのだけれど、例えばそれは、ノースリムの方が、少し荒れていて、サウスリムの方がほんの少しだけ優しい、そんな抽象的な違いでしかない。

monument (5)
グランドキャニオン サウスリム
monument (6)


 Desert Viewを出て、3つ目のポイント、Moran viewに到着すると、アスレチックのような岩があった。僕らは岩を飛び降り、岩の下をくぐって、また岩を登る。そこまで行くと、一般の観光客は誰もいなくて、のんびりとグランドキャニオンと向き合うことが出来た。
 太陽は少し西に傾き始めており、西から指す太陽の光が燦々と渓谷に向けて降り注いでいた。渓谷ははっきりと、くっきりと影を伸ばした。

monument (7)
古川蛙とび

 Moran view pointで遊び回った僕らは、息を切らしながら車に乗り込んだ。いくつかのポイントを眺めた後、夕暮れが近づいてきたので最終地点に移動した。
 ゆっくりと日が沈んで行くのを、深い谷を前に僕らは座りながら待った。黄色っぽい地層が丸出しの谷は、夕日に照らされてオレンジ色に色を変える。もともと赤土色をしていた場所は、尚更赤く染まる。 
 太陽は、どんどんと西の空を下降していく。アメリカが夕暮れに染まるころ、朝がやってくるのは、インド、あたりだろうか。

monument (8)

monument (10)


 太陽が、テーブルマウンテンの陰に隠れて、渓谷は赤っぽく、そして白っぽく染まった。

 グランドキャニオンを出た僕らは、本日の野宿ポイントを探しながら、南へ北へと駆け回った。夜の11時を前にテューバシティという、小さな町に到着した。その街のスーパーの駐車場をお借りして、僕らは眠りに就いた。

 僕は車の中で、古川は外にマットを敷いて眠る。もちろん、僕が強要したわけではない。彼は自主的に、いかにも自然な流れで外にマットを敷いた。
 野良犬が、うろうろしているというのに・・・。

 僕は、狭い車内で体を折り曲げて眠った。明け方6時に目を覚ますと、すでに人びとは生活を始めていた。洗濯物を持って入って人々は、コインランドリーへと向かっている。僕は車を降りた。古川が無事に寝ていることに少し安心した。

 朝もやの中で、太陽が昇り始めていた。夕陽よりも大きく見える。そろそろインドでは、日が落ちるころだろう。バラナシではプージャーが始まるころだ。
 眠そうな古川を起こして、東へと僕らは車を走らせた。今日の目的地は、モニュメントバレー、だ。

 相変わらず、天気は良好で雨は降りそうにない。道は真っすぐで、時折道のサイドにはコンテナハウスが並んでいた。 
 カエンタの街を抜けると、すぐにモニュメントバレーへと到着する。朝マックで気持ちを落ち着かせて、モニュメントバレーへと向かった。

 アメリカの原風景と言われている、その場所。

monument1 (2)

monument1.jpg


 砂っぽくて、道はガタガタ。目の前には、大きな岩山がいくつも並ぶ。
 カーステレオではちょうど、ハイロウズの十四才が流れていた。

 土星の周りに丸く 並んで浮かぶ石がある
 アリゾナの砂漠 逆立ちで沈む石がある
 置かれた場所に 置かれたままの石がある
 金星のパイロンをかすめて 輝きながら飛び去る石がある

 ここは、アリゾナ州とユタ州の州境で、このアリゾナの砂漠がどこを指しているかなんて、知らない
けれど、おかれた場所に、置かれたままの石であること違いはないと思った。

 僕は、このモニュメントバレーではしゃぎすぎて、驚くほどの鼻血を出した。グランドキャニオン新聞で血を拭けども拭けども、血は止まらず、僕はティッシュの素敵さを再認識したのだ。

monument (2)
ここではしゃぎすぎました。鼻血ぶー

 鼻血を出しすぎて気分を悪くした僕は、モニュメントバレーの大きな岩の陰で、座って風景を眺めた。それは地球を見ているような気分にもなる。それほどに、大きな景色だった。

monument (4)

それは、間違いなく

一発目の弾丸は 眼球に命中 頭蓋骨を飛び越えて僕の胸に
二発目は鼓膜をつきやぶり やはり僕の胸に
それは僕の心臓ではなく それは僕の心に刺さった、だろう。

 リアル より リアティ リアル より リアリティ

「十四才」が聞こえてきそうだ。       

monument (3)

それでは、みなさん良い日々を!
スポンサーサイト

アンテロープキャニオン

10 05, 2010 | アメリカ

2 Comments
アンテロープキャニオン

 グランドキャニオン(ノースリム)を出た僕たちは、風を切る様に東へと進み、夕方にはページという街に到着した。そこで一泊した僕たちは翌朝、アンテロープキャニオンへと向かう。宿を出て、アンテロープ通りを走ると、15分ほどでアンテロープキャニオンの入り口へと辿りついた。

 ここは、ナバホ族の領地になっていて、入場料がかかり、更にツアーでなくては入れない。ツアーの時間になり、大き目のピックアップトラックの後ろに座席が付けられたような車に乗り込むと、4、5台の車が走り出した。車は、まるで道のない乾いた大地に、いくつもの轍を残しながら走っていく。

アンテロープキャニオン (2)
シボレー
アンテロープキャニオン (3)


 アンテロープキャニオンの入り口に到着すると、この場所の成り立ちの歴史などをガイドが話している。この場所は、遠い遠い川の水が時にすごいスピードで、鉄砲水になりこの場所を削り続けてこの峡谷が出来たようだ。

アンテロープキャニオン (6)

 中に入ると、岩は滑らかに削られ、まるでヤスリで削った木材のように、木目のような地層が浮き出ている。それは、大きな木の中に入ったようでもある。
岩に触ると少しザラザラしているのだが、嫌な痛さはなくて、なんだから冷たくて気持ちが良い。
その細い峡谷に時折、太陽の光が一本の光線の様になり、何の迷いもなく真っ直ぐ真っ直ぐ、下の砂の大地を照らしている。
 
アンテロープキャニオン (7)
アンテロープキャニオン

 中を進んでいくと、ツアー客が多くて、しかもアメリカ人体型のアメリカ人だらけのものだから、すれ違うのも一苦労だ。
 だけど、その中の景色は絶景で、水の流れを止めたそのものを見ているようでもある。

 何の設計図も持たずに、雨は降るがままに降り、川は溢れ、流れるままに流れる。その長い営みの中で、それらはまるで芸術作品のように、この峡谷を作り上げた。いや本当は設計図もあって、まだまだ、作っている途中なのかもしれない。
 この悠久の時間の中で、雄大な景色を生み出している、この星に感動せずにはいられい。

 僕らは、それを壊すのか、手伝うのか、それともその一部なのか。

アンテロープキャニオン (4)

アンテロープキャニオン (9)


 アンテロープキャニオンの反対側に到着して、炎天下の中で、質疑応答が行われる。僕は一刻も早く、峡谷の中に戻ることを強く希望していた。

 来た道を戻り、アメリカ人体型のアメリカ人を日本人体型の僕は身軽にかわした、のだが、手に持った三脚は避け切れず、何度か謝りながら、進む。入り口に戻り、ピックアップトラックに乗り込み、エントランスまで走る。僕らはすぐさまRIO(レンタカー)に戻り、車のエアコンを付けた。車の中は生存不能(僕は)なほどに、温度が上がっている。
 少し車が冷めるのを待って、僕らは車に乗り、そこから南へと向かった。次に向かうのはグランドキャニオン(サウスリム)だ。

 お昼過ぎに、ナバホ族の旗が揺らめくアンテロープキャニオンを出発した。マクドナルドで腹ごしらえをした僕らは、快調にフリーウェイを走った。

 走り始めて2時間が経過した頃、僕らの右側に大きな穴がいくつも空いた場所が現れて、僕らは、車を止めた。
 穴を見にいくと、高さは60m位だろうか。周りには平原が広がり、大きな穴が4つほど空いている。その風景は不自然、なのだけれど、これは自然だ。ややこしい。

アンテロープキャニオン (10)


 穴が空いたのか、窪んだのか、隕石が落ちたのか、はたまた周りが突起したのか。22年間、日本で暮らして来た僕の常識から少し外れた景色を見るたびに、常識なんて下らないな、と思う。世界はこんなにも不自然で、不思議だ。

アンテロープキャニオン
僕たちインド帰りなので・・・(笑)

 風が強いその場所を後にして、僕らはグランドキャニオン(サウスリム)へと向かう。グランドキャニオンはもう、すぐそこだ。
 RIOは少しだけスピードを上げた。僕は古川に、飛ばし過ぎて捕まるなよ、と言う。RIOはまた少しスピードを緩めて、グランドキャニオンへと向かう。

アンテロープキャニオン (5)


 それでは、皆さん良い日々を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。