FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスンシオン

07 29, 2010 | パラグアイ

3 Comments
アスンシオン

 イグアス移住地にて、のんびりと雨の音を聞いて過ごした後、パラグアイの首都、アスンシオンへと向かった。
 一泊だけの予定で、イグアス移住地の前を走る国道7号線の前に立ち、バスが来るのを待つ。オンボロのバスが一台止まったが、それはアスンシオンまでは、行かないようで次のバスを待つ。もう少しばかりマシに思えるバスが来た。バスのフロントガラスの右前にASUNCIONという表示が 出ていた。間違いない。

DSC_0093 (3)
バス停

 僕は、バスに乗り込んでアスンシオン?、と尋ねる。運転手さんは顔を2度、縦に振った。おんぼろのバスは、すぐに出発してガタガタと揺れた。
 1時間程走った所で、人の乗り下りが激しくなり、バスは満員に近い状態になった。狭い通路には、10人程度が立ち、バスの揺れに体を揺すられていた。
 バスの中にはあまり風が吹かず、やけに暑い。3時間を過ぎた頃から、尿意をもよおして、暑さとは別に膀胱にまで緊張感を持たなくてはならなくなった。冷や汗と、汗が一緒に出る状態というのは、緊張のピークだ。
 幸いにも、このおんぼろバスにもトイレは、ついていた。しかし、通路には押しも押されぬ状態の人々が、いる。僕は一発奮起でその人ごみをかき分けて、トイレに辿りついた。

 トイレに行き、安らぎを得た僕は、席に戻った。水やお菓子なんかも食べたりして、先ほどの緊迫感が、今や少し懐かしい。

 イグアス移住地から5時間、バスは、アスンシオンのバスターミナルに到着した。前評判通り、何もない空気に包まれていた。
 バスターミナルを出て、市バスに乗り、目当ての宿近くを目指す。バスは、予想通り大通りの坂道を上った。15分ほどで、メルカド・クアトロという露店街が見える。この二つ先の交差点ぐらいで降りたら良いくらいかな、と思った矢先にバスは次の交差点を右折した。さきほどまで渋滞にはまり、開けっ放しだったドアも閉まり、バスは、スピードを上げた。
 場所が分からなくなり、通りすぎる交差点の道路名を必死で追いかけた。ブラジル通りにメキシコ通り、ここはパラグアイ、なのか。

 結局、次の停留所で降りた。そこは街の中心地近くだ。その割には、裏通りとしか思えないような通りだ。そこからは、歩いてもそこまで遠くはない。助かったという気持ちを引き連れて、宿を目指した。15分ほどホテル内山田に辿りついた。

 この宿は、朝食が和食バイキング、なのだ。それだけのためにここまではるばるやってきた。目的は、そう和食バイキング、以上で終了。

 晩ご飯を食べに、外に出たのは、夜の6時過ぎだった。しかし、街は完全に眠りに着いていた。開いている店は、ご飯やと、少しのミニスーパーだけだった。他の店はすべてシャッターを下ろし、暗い暗い商店街になっていた。土日はこぞって店を閉めると聞いていた。その日は丁度土曜日だ。
 どこのお店もこぞって店を閉めていた、ので、その情報に間違いはない。

DSC_0093.jpg
 シャッターが閉まりすぎていた上に、何もなかったので、僕はアスンシオンで写真を1枚しか、撮らなかった。これ1枚しか。

 翌日、朝起きえると、様子が少しおかしい。喉がやけに痛いのだ。楽しみにしていた和食バイキングも喉に通る時に痛みを伴い、そこまでモリモリ食べることが出来なかった。ただ、美味しかったことは、確かだ。

 そして、またバスに乗り、イグアス移住地へと戻る。何をしに来たのか。未だにイマイチ分からないでいる。和食バイキングは、旨かったのだが・・・。
 バスに揺られ、帰りは4時間で到着した。僕の喉は、俄然調子が悪くなり、更には寒気と頭痛を引き連れて、徒党を組んでやってきた。厄介な3人組だ。
 翌朝は、イグアスリベンジのためにもう一度アルゼンチンに帰る、予定だった。

 しかし、朝起きると、熱は下がるどころか上がっていた。体温計を借りて測ってみると、38度の高熱だ。ドカベン(プロ野球編)を読む手も震えるわけだ。
 旅に出て、初めての風邪をひいた。あぁ、風邪ってしんどいんだな、と思い出すように唸った。寒気がやってくるのに、頭は熱くて喉が痛い。とてもじゃないが、チョコレートクッキーは食べられなさそうだ。

DSC_0093 (2)
いぬ

 空はいつもよりもずっと晴れていた。部屋の窓の外には木が生えていて、木漏れ日が、やけに綺麗に見えた。今日、イグアスの滝に行けていたら、さぞかし綺麗だろうな、そんなことを布団に包まりながら思う。明日も晴れるかな。明後日も晴れてくれるかな。風邪は明日、治るだろうか。
 僕は、チョコレートクッキーを食べながら、そう思った。

DSC_0093 (1)
今回は写真が全然なかったので、次のイグアスの滝に向けて、ライバルである日本の滝を載せておきます。

 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« イグアスの滝 イグアス移住地(41km地点) »

- Comments
3 Comments

お邪魔します~♪ブエノス⇒イグアスまでご一緒させてもらったヒロコです!
結局、イグアス―アスンシオン往復したん・・・?しかも風邪付?
すごいね。。私この旅で一番辛かった移動がそこでした。片道でも十分・・・

by Hiroko | 07 29, 2010 - URL [ edit ]

久しぶり!!
風邪大丈夫??パラグアイにユージのお供の冷えピタはないもんね(笑)
早く治して晴れのイグアスの滝が見に行けるといいね。

おれは今年の夏、チャリ部の皆と伊豆大島に行こうと思ってるよ!!
お互い、いい景色に出会えるといいね。

by ヒロスケ | 07 29, 2010 - URL [ edit ]

>ひろこさん お久しぶりです。ひろこさんは、もうカナダですか??

いやぁ、確かにイグアス~アスンシオンは、楽しくないですね。妙に長いし、目的地にわくわくがないのも、辛いところですね~。
僕はもうアスンシオンからラパスに飛んで、軽く高山病です(泣笑)。

またどこかで!

>ヒロスケ 久しぶり!風邪を治して、イグアスの滝のリベンジを果たせたようひょー。

いやぁ、すさまじいね。ヒロスケ達は、もう夏休みか。楽しみにがてんこ盛り?それとも大変なことがてんこ盛りかい?

伊豆大島いいねぇ。チャリ旅連れてってくれよなぁ。

そうそう、パラグアイには俺のお供の冷えピタはなかったけど、日本食は沢山あるよ。そっちの方が万能薬だな。

また、色々日本のことも教えてくれ(*^_^*)

by ゆうじ | 08 01, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。