FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアスの滝

08 01, 2010 | アルゼンチン

4 Comments
イグアスの滝

 パラグアイで、この旅に出て初めての風邪をひいて、イグアスの滝へのリベンジが2日も遅れてしまった。毎日、空を眺めて、インターネットの天気予報を何度もチェックした。これで、また雨でも降ってしまったなら、僕の後悔はいつまでも残ってしまったかもしれない。
 そんな思いを抱えながら、天気予報が、今週いっぱいの晴れを表示する度に、ちいさくガッツポーズをする。

 風邪をひいた翌日には、体調もそれなりによくなり、パラグアイを出て、アルゼンチンへと戻った。次の日には、もうイグアスの滝へと行ける。天気予報は、SUNNYだ。
 翌日の朝は、天気予報通り雲ひとつない空に、朝日がほんのりと差し込み、遠くは、少し赤らめた頬っぺのような色をしていた。
 あぁ、良い天気だ。僕は、背伸びをしながら、思う。お風呂に入り、準備をした。外を見ると、先ほどまでは、何もなかった空に雲が忍び寄っていた。僕は、思わず天気予報をもう一度チェックした。自分の目で見ている空が間違いなく真実であるはずなのに、天気予報に頼るなんておかしな話だな、と自分でも思う。天気予報は、SUNNYだった。
 そのうちに、この空に、流れる羊雲はどこかに消えるだろう。僕はそう信じて、イグアスフォール行きのバスに乗り込んだ。

 30分程バスに乗りイグアスの滝へと向かうと、次第に雲はどこかに消えてしまったように、青い空だけが僕らの頭の上には、あった。

 公園に入り、バスに乗る。中間駅まで行き、バスは止まった。そこから歩いて滝へと向かう。前に来た時とは、全く違う温度と雰囲気の中、遊歩道を歩いた。

イグアスの滝 (1)

 太陽が水しぶきを照らしていた。イグアスの滝が見え始めた。それは、大きな丸い虹を、引っ提げていた。滝の出どころの川を隠すよう、そこには木々が広がっている。流れる滝は見えなくなるまで連なり、轟音と共に流れ、遠くでは黒い鳥が悠々と、飛ぶ。

イグアスの滝 (12)

 きっと、この滝は遥か遠くから、雪解け水がいくつもいくつも重なって小川になり、それらはイグアス川へと注がれ、やがて長い長い月日をかけて、激しい轟音の中に流れ、大きな大きなこの滝の一部になるのだろう。もしくは、滝の流れの中ではじかれてしぶきになり、小さな小さな一粒の滴になり、それを太陽は照らして、虹の一部になっているのだろうか。

 流れる川は果てしなく、その営みの何処かが、途切れてしまったなら、この流れもあっけないほどに、途切れてしまうのだろうか。

 滝に近づける場所に行くと、皆、嬉しそうに滝のしぶきを全身に浴びていた。僕はカメラが壊れるのが心配で、少し離れた場所でそれを見る。人々は、ガッツポーズをしていた。文字にならない音を引き連れて、水はそれこそ、淀みなく流れ続けていた。

イグアスの滝 (7)

イグアスの滝 (6)

 その場所を離れて、僕らは悪魔の喉笛へと向かった。中間駅から列車に乗る。前回来た時は雨で震えていた体は、爽やかな風を浴びている。15分程で悪魔の喉笛駅に到着する。

 悪魔の喉笛は、まるで川の真ん中に急にぽっかりと穴が空き、そこに水が全力で注がれているようだった。そこに注がれる水はあまりにも強烈で、水しぶきで滝つぼは、全くもって見えない。それ程に全力で、いくつもの水の束が、また結束を固めてどんどん勢力を増していくように、滝は力強かった。

イグアスの滝 (10)
虹二つ
イグアスの滝 (11)
水しぶき

 僕は、その時1つ、思い出す。
 僕が、昔読んだ記事で、甲本ヒロトはこう言っていた。

ギタリストとしてのピークは、ギターを初めて持ったその瞬間だ。これがギターか、かっけぇぇ!と思った時がそいつのギタリストのピークなんだ、と。

 僕は、今までの少し長いような短いようなこの旅の中で、僕の旅人としてのピークは、はじめにあった、そう思っていた。タイに入って、怯えながら初めて1人で移動して、アユタヤに向かい、そしてアユタヤに着いたその日、僕はレンタル自転車で世界遺産、ワット・マハタートに向かった。
20バーツを払って中に入る。人が少なくて、世界遺産を独り占めにしたような気、がしていた。
 空はオレンジ色に染まり、レンガ色の遺跡は更にオレンジ色に染まっていた。その中で僕は1人、ニヤニヤを止めることはできなかった。
 そこにピークがあったと、思ってきた。その瞬間に僕の旅人としてのピークがあったのだと。でも、もしかしたら違うかもしれない。

イグアスの滝 (4)

イグアスの滝 (9)

 イグアスの滝を見たとき、僕はそんな風に、思った。ピークは、何度でもやってくる。マッターホルンを見て涙を流した時も、モロッコのサハラ砂漠で1人、満天の星空に抱かれて眠った夜も、インドで農村の子どもたちの笑顔と触れ合った時も、遡れば、ラオスのメコン川の上を2日間かけて、移動したあの日々も、もちろん、イグアスの滝を見て鳥肌が止まらなかった時も。

 ピークは突然、急にやってくる。それに対して、自分が、自分自身がどう捉えるか、だ。ピークが最初にあった、なんて言ってしまったら、その後の旅はどうする。自分で線を引いて、そこに僕のピークがあったと言ってしまえば、僕はそこでストップしてしまう。でも本当は違う。ピークなんて最初からなかった。これからも無い。旅が終わったその時に、自分で頂上が見えるんだ。最初から、山頂に下ろされて楽しいのなんて、バックカントリー位だ。
 やっぱり僕は自分の足で登りたいんだ。いくつもの連峰を超えていきたいんだ。そして最後に、あぁ、あの山が一番高かったのかって、そう、言いたい。

イグアスの滝 (2)

 僕はあと僅かしか残っていない、この旅の中でまた山を上って下りる。それでいいんだ。それがいいんだ。

イグアスの滝 (3)
イグアスの滝
イグアスの滝 (8)


それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« ラ・パス アスンシオン »

- Comments
4 Comments

気づけばユージの旅もあと少しだね。
うん、ピークっていうのは旅を終えてから気づくことなのかもしれないね。
「全米が涙した」映画に全然泣けなかったり、
軽い気持ちで見た映画でボロボロ泣いてしまうことがあるみたいに、
旅でも期待してた観光地が意外につまらなかったり、
思いもよらない場所に大きな感動が待ってたりすることはあるよね。
それがあるから旅をすることに意味があると思うし、
旅と一言で言っても十人十色のものになっていくんだろうね。
ユージが日本に帰ってきたら、
ユージの目で見た世界をたくさん聞かしてくれな!?

ちなみに、今日おれは全ての公務員試験が終わりました。
あとは、結果を待つだけ。ドキドキです

でゎでゎ

by ヒロスケ | 08 03, 2010 - URL [ edit ]

>ヒロスケ 公務員試験お疲れ(*^_^*)結果を待つだけなのは、ドキドキすんね。
俺も、全米から、お祈り申し上げておきます。受かるといいなぁ。

俺も旅も本当にあとちょっとになっちゃった。明日から、ウユニ塩湖に行ってくる。

もちろん帰ったら、どんな話でもするよ。ただ、ブログに書きすぎちゃったね。後悔後悔・・・。
でも、大丈夫。焚き火しながら、語ろうぜー!

夏休み、楽しんで!

by ゆうじ | 08 04, 2010 - URL [ edit ]

お久しぶりです。覚えてますか? トマトの城倉です。前から高橋さんから教えてもらったんだが、今日初めて拝見しました。
若いってのは本当にイイですね。ウラヤマシ
コロ助君のコメントからすると、vagabond journeyもあとすこしみたいですね。奥田君のジャンバーの写真を見るのが苦しいほど日本は暑いです。とろけるんじゃないかなくらい…暑いです。
体に気をつけて無事に帰って来て下さい。
それでは、また

by トマトの木です | 08 07, 2010 - URL [ edit ]

>ナリさん お久しぶりですねー。もちろん覚えていますとも。コロ助くんは、きちんと仕事をしていますか?

そうですね。僕の旅ももう残り一カ月位になりました。
早いのかどうなのか。
僕の中では、変な空間に入れられたような時間を過ごしてましたが、もう終わりです。

元気に帰りますので、ナリさんや皆さんに会えるのを楽しみにしています。
コメントありがとうございました。

by ゆうじ | 08 10, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。