FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニ塩湖と天の川

08 14, 2010 | ボリビア

1 Comments
ウユニ塩湖と天の川

 ウユニ塩湖で夕陽を見た僕らは、暖炉の前で少しばかり温まった。暖炉の火は、じんわりと僕らを温めてくれた。

天の川

 7時を少し回り、2階へと向かう。そこにも暖炉があり、その前に座り夕食が運ばれるのを待っていた。料理が出来たようなので、僕らは席に着いた。スープが運ばれ、白いテーブルクロスの上の白いお皿にスープが注がれる。これは、ディナーだ。

天の川 (1)

 スープを頂いて、メインディッシュのチキンが運ばれてきた。僕のチキンは、完全に胸肉だった。大きめの胸肉は、残念な程に、中まで味が染みておらず、パサパサが止まらなかった。マサさんのものはもも肉で、食べにくい、とぼやいていた。僕は、是非とも交換してやりたかった。

 晩ご飯、いやディナーを食べ終わり、僕らは少し外に出た。宿のすぐ傍は、光があって星の数が少なかったが、塩湖の方の空を見上げると、驚くほどの星が煌めいていた。
 僕らは、少し塩湖の方へと歩いた。ちょうど僕らの頭の上に天の川が見える。そこに流れがあるかのように、沢山の星が輝き、それは確かに川のようだった。
 星の明かりだけで、暗がりの地面に僕らの影が出来ている。まだ、月はでていなかった。

天の川 (2)
天の川

 あまりの寒さに、僕らはそそくさとホテルへと戻った。あの温かいホテルへと。

 ホテルへと帰り、僕は温かい布団の中にもぐり込んだ。明日は、朝日を見るために早起きをする。目標は4時だ。僕は10時過ぎに眠りに着いた。しかし、夜中に何度も何度も目が覚める。乾きだ。乾燥がすご過ぎて、すぐに喉が渇く。人はこんなにも、渇きの中では眠ることさえできないのかと、そう思う。
 なけなしの水を飲もうと思って、置いてあるはず机に手を伸ばすと、水はカランと音を立てて床に落ちていった。
 僕は、水を諦めて、もう一度眠りに着こうとした。でも、喉はカラカラで唇はカサカサだ。その時に見た夢は、ファミレスのドリンクバーでジュースを浴びるように飲む、夢だった。
 夢で満たされた気持ちは、現実の気持ちまでは満たしてくれなかった。僕はまた目を覚まして、水を拾って一気に飲み干して、健やかなる眠りに着いた。

 4時に、目覚ましがなる。朝日を見るために起きなくては、ならない。僕らはお互いに、牽制しながら、5時過ぎに起き上がった。僕らは着替えて外へと向かう。外はまだ真っ暗で、綺麗な底月が空に浮かんでいた。

天の川 (3)
底月

 歩いて塩湖の方へと向かっているうちに、東の空が少しずつ真っ青になる。星は、どんどんと輝くのを止めていく。月はまだ輝いていて、1つ2つと星が見えなくなり、オリオン座の四隅の星が消えたころ、辺りはほんのりと明るくなった。

天の川 (4)


 塩湖の朝は、信じられないほどに寒い。完全防備の体はどんどんと温度を下げ、いつもと変わらない装備の足は凍るかと思ったほどだ(塩湖へと向かっているときに、僕が部屋のカギを広大な荒野の中に落として一時騒然となったが、それは皆には、内緒だ)。

 ホテルの人が、サンライズは6時だ、と言っていたが、6時を回っても、朝日が昇る気配は、ない。もしかしたら、サプライズかもしれない、そんな思いがふとよぎる。もう辺りは随分と明るくて、空は薄い水色になり、地平線は僕らをぐるりと取り囲み、薄いピンク色に染まっていた。自然が奏でた、そのコントラストは驚くほどに美しい。まるで、ほんの少しずつ色を変え筆を変えて作られたグラデーションのようにも見える。

天の川 (7)


 寒い寒い、とうろうろしていると、山は、もう太陽を隠せないな、とでも言わんばかりに、朝日は山の向こうから立ち昇って来た。太陽は、また塩湖を薄いオレンジ色に染める。でも、夕陽とは違い、ぐんぐん上昇を続けて、すぐに塩湖は元の真っ白な世界へと変わった。

天の川 (10)
朝日

 太陽が昇ると、少しばかり温かくなった気がするが、僕はホテルのカギを必要以上に握りしめ、いそいそとホテルへと向かった。今日もどこまでも空は青くて、どこまでも広い。
 
天の川 (9)

天の川 (11)
セーター1500円

それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« イスラ・デ・ぺスカ ウユニ塩湖 »

- Comments
1 Comments

めちゃ素敵やね!
ウユニ湖いつか行きたいな~。

by UFO | 08 18, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。