FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラ・デ・ぺスカ

08 16, 2010 | ボリビア

2 Comments
イスラ・デ・ペスカ

 ウユニ塩湖ツアーの2日目、12時前にジープがホテルの前で止まった。どうやら日帰りツアーの人々と同じコースを回る、らしい。

 そのジープには日本人の方が3人とブラジル?人の夫婦が2人、それに僕らが乗る。後部座席の6人はぎゅうぎゅうに詰め込まれた。
 ジープは、良く晴れた空の下、遥か向こうに見える山を目指して走る。ジープが走った所だけに2本の白い跡が塩湖に刻まれるように、残った。
 
isla de pesca (1)


 辺り一面真っ白で、干上がった大地の上でジープは止まった(止まってもらった)。塩の大地には、ひびが入っているように、継ぎ目が盛り上がっている。僕は塩の大地の、大地を少し爪で取り、舐めてみる。確かにしょっぱくて、塩辛い。これは、塩だ。
 
 運転手が、Vamos Vamos(早く行こうぜー)と急かす。

 ジープはまた、何もない大地をひたすら走った。速度計を見ると、60km、案外安全運転だ。30分ほど走ると、あんなに遠かった山が、ぐんぐん近づいてくる。そこは、トゥヌパ火山というらしい。   火山の前には薄い水たまりのようなものが広がっていた。驚くほどに水は澄んでいて、波風も一切立たない穏やかな水たまりだ。

isla de pesca (3)
トゥヌパ火山

 トゥヌパ火山の麓には、フラミンゴがいる。運転手は、フラミンゴを見ろ、という。しかし、フラミンゴは遠く、見えるけれども、という心境になる。

isla de pesca (4)
見えるけれども・・・。

 次に向かったのが、イスラ・デ・ぺスカ(魚の島)だ。トゥヌパ火山から、40分ほど走った。真っ直ぐに走ったのか、途中で曲がったのか、全くもって分からなかった。とにかく、この何もない塩湖をひた走る。まるで砂漠のようでもあるし、雪原のようでもある。違うのは、ここには生命が感じられない、ということだ。

 ひたすらに白いこの大地には、植物なんて、一つも見つからないし、動物もこの塩原に限っては、見当たらない。砂漠には砂漠の、雪原には雪原の植物があり、動物がいる。でも、この広大な大地には、何もない。風すら止まっているかのような、不思議な空間だった。

 イスデ・デ・ペスカは魚の島というより、サボテン島だ。サボテンだらけのイスラ・デ・ぺスカの前で遅めのお昼ご飯だ。お昼ご飯を食べて、僕はイスラ・デ・ぺスカを少し登った。

isla de pesca (7)
イスラ・デ・ペスカ
isla de pesca (6)

 サボテンが至る所に生えている。サボテンは、いかにも不思議な植物だと、思う。遠くから見ると、あのトゲはふわふわな柔毛に見える。近づいて見ると、何にそんなに怯えているのかと思うほどの鋭いトゲを全身に纏っている。
 そんなに、傷つくのが怖いのか。僕も怖いけどさ。


 イスラ・デ・ぺスカの丘の上からは、塩の大地が良く見える。でも、僕はこの塩の大地も充分素敵だと思うけれど、やはり、この命が宿る大地が好きだと、思う。何の変哲もないこの茶色い命の受け皿が、いつだってカッコいいと思うんだ。
 イスラ・デ・ペスカの丘の上には、ボリビアの国旗がはためいていた。

isla de pesca (5)

 イスラ・デ・ぺスカを出て、塩のホテルを見学して、水がぽこぽこと湧き出している泉を見た。

isla de pesca (8)
プラヤ・ブランカ
isla de pesca (9)
ポコポコ

 そこから、また随分と走った。僕らが泊ったホテルを通り過ぎて、街の方へと向かう。僕はうたた寝をして、何度も何度も揺れるジープのなかで頭をぽこぽこと打ち付けて目を覚ました。何度目かに目を覚ました時に着いたのが、廃線の駅だった。

isla de pesca (10)
鉄道
isla de pesca (11)


 線路は、どこまでも真っ直ぐに伸びている。もう使われていない鉄道が何体か置いてある。風がどこからか吹き抜ける、正に荒野のような場所だった。ゴミが散らかり、山は滑らかな曲線を描いている。鉄道はもう、酷く酸化して濃い茶色になっていた。
 風が吹き、砂が舞い上がる。線路は、地平線へと向かって真っ直ぐ真っ直ぐ伸びている。


isla de pesca
線路

 あの、道のないウユニ塩湖も、このまっすぐに伸びる線路も、間違いなくどこかに続いている。間違いなくどこかに繋がっている。

 道が、有ろうが無かろうが、路が、有ろうが無かろうが、それはどこかに繋がっている。僕の行く先に路が有ろうが無かろうが、未来に繋がっている。これは間違いない。

 だから、僕は進んでいける。

isla de pesca (2)


 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« 月の谷 ウユニ塩湖と天の川 »

- Comments
2 Comments

うん、やっぱりセーター若干ださいよ。笑

by Izumi | 08 16, 2010 - URL [ edit ]

>Izumi ・・・ダサくないからね・・・。ラパスでは、それどこで買ったのって、大人気(1人に)だったんだからさ。

うん・・・、ださく、ないからね・・・。

by ゆうじ | 08 18, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。