FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の島

08 22, 2010 | ボリビア

2 Comments
太陽の島

 太陽に起こされた、朝。
僕は、布団の中で何度も寝返りを打ちながら、丁度良い時間になるのを待った。太陽が随分と高くなり、腕時計は7時30分を指している。僕は、起き上がり準備をした。
 この日は、コパカバーナから船(鈍い)で2時間程チチカカ湖を進んだ所にある、太陽の島、Isla de solに行く。

 宿を出て、まだ人が閑散としている街を抜けて、湖沿いの船乗り場へと向かった。船は、出発時間を少し遅れて出港した。
 船が沖へと進むと、一隻のバルサが見える。このバルサと言うのは、トトラという葦を繋いで作った船だ。笹船のような形をして、船主の部分は猫にも似た獣の顔をしている。バルサには、誰も乗っていないようで、この猫にも似た獣は、青い湖の上をただ、揺られるように佇んでいた。

isla de sol (1)
バルサ

 バルサを超えて、ボートはチチカカ湖を進んで行く。湖の遠くを眺めていると、それは、正しく濃い青色をしている。それなのに、すぐ傍を覗きこむと、それは紛れもなく濃い緑色に見えた。それでいて、飛び散る飛沫や、波立つ水は、綺麗な透明だった。光の具合なのか、その場所の深さなのか。水が色を変える時、それは本当に不思議で、一体どうなっているのだろうか、と不思議に思う。でも、科学的に証明してほしいとは、全く思わない。そこにある、不思議が美しい、そう思っていたい気分だった。

isla de sol (3)
グリーン

 船は、のんびりと、湖に二筋の波を立てながら進む。その波は次第に左右に大きく分かれて行った。

isla de sol (2)


 2時間近く経った頃、船は、太陽の島の南側に到着した。僕が、目指すのは、北側だ。そこで、数人の観光客と、インディヘナのおばちゃんが大きな風呂敷を背負って降り立った。
 船は、またエンジンを再起動さして、北へと向かう。20分程で、北の港が見え始めた。港に到着したのは、11時少し前だ。そこから、南の港へと歩いて向かう。

 浜辺のような湖沿いの道を抜けて、緩やかな傾斜を上っていくと、視界が開けた。そこには、海のように大きなチチカカ湖が、真っ青な色をして広がっている。違うのは、ザザー、とうい波の音と、少しまとわりつくような潮風がない、という位に思えた。チチカカ湖はやけに穏やかで、キラキラと水が太陽を反射している。微かに波が立っているように見えるが、それは、水が風に揺られている、程度だった。

isla de sol (4)
チチカカ湖

 しばらく、進んで行くと太陽の島の風景は少し変わる。先ほどまでは、海沿いの民宿街のような色と雰囲気がどこからともなく漂っていた。そこから、山に少し入ると、そこには沢山の棚田が広がり、茶色と、深緑色と、小金色をした風景になる。それはまるで、海沿いの農村のような、風景だった。さして、あまり変わらないと思われるかもしれないが、正しくその通りである。

isla de sol (5)
太陽の島
isla de sol (7)

 でも、僕はこのどことなく懐かしいような、海沿いの農村の風景が好きだった。もちろん農閑期の色をしているが、空は美しく、湖も凪いでいる。それが、なんとも不思議な取り合わせに思えたのだ。

 この辺りから道は、どちらへ向かえば良いのか分からない程にいくつかの方向に伸びていた。看板はおろか、何もなくなり、僕は取りあえず、南だと思う方向へと足を進める。

isla de sol (8)
 
 少し坂道を登っていくと、湖のずっと向こうに雪を被った山が見えた。白くて一瞬、雲のようにも見えるが、それは間違いなく陸に麓を持つ、大きな山だった。ここからじゃ、その山がある陸地は、見えずに、突如湖から山が飛び出しているようにも見える。雲は、その山の周辺にだけ形を現していた。やはり、山には雪が降り、それが溶け出してチチカカ湖をひいては地球を潤しているのだろう。僕の上には、雲はひとつもない。

isla de sol (6)

isla de sol (9)


 山とチチカカ湖を見ながら、進んで行くと、民家ストリートに出た。そろそろ港は近いのかもしれないな、そんなことを思いながら、ひたすらに南(だと思う)へと向かった。
 民家やレストランを超えて、林の中を通り、ロバに挨拶をしながら、進む。僕がふと、崖の下を見ると、完全に船着き場が見える。どうやら、僕は道を間違えたらしい。ロバに挨拶をしている場合ではなかったようだ。僕は元の道を引き返した。ロバへの挨拶も忘れるわけにはいかない。船の時間にはまだたっぷりある。僕はロバの前に座り、草を食むロバと、チチカカ湖と雄大にそびえ立っている山を眺めた。

 少し脱色されたような色をしている草を食むロバに、聞いてみたかった。緑のクローバーとそれってどっちが旨いの?って。
 
 多分ロバは言うだろうな。ニンジンだよ、って。

isla de sol


 それでは、皆さん日々を!
スポンサーサイト

« プーノ コパカバーナ »

- Comments
2 Comments

太陽の島懐かしいなぁ
俺はあんまり良い思いでなかったけど
写真が良いと全然違って見えるねー

コパカバーナのフローレンスも良かったよね((´д`*)ぅん

南米楽しんで!

by マナ カツ | 08 22, 2010 - URL [ edit ]

>かつやさん お久しぶりですねー。もうインドですか?

太陽の島良い思い出ないんですか?僕も取り立て良い思い出はないですよ(笑)

僕の南米ももう終わります。楽しみましたー。今ワラスにいて、もうあとはリマに行くだけとなってしまいましたよー。
いやー寂しいですね。

では、カツヤさんもインド楽しんで!

by ゆうじ | 08 23, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。