FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bristlecone Pine

11 03, 2010 | アメリカ

4 Comments
ブリッスルコーンパイン

 「ラスベガスでLion KIngが見たい。」
モニュメントバレーに行く2日前に古川が言った。僕にもその気持ちは分かる。僕らの選択肢は、二つだった。一つはモニュメントバレーに行ったその日の内に、ラスベガスまで行き、ミュージカルを見てラスベガスの夜景を堪能する。もうひとつは、その日はフラグスタッフという街で一泊して、次の日にヨセミテ公園に向かう。

bristlecone pine (2)
Flag staffの街

 けれど、ここで新たな案が出た。世界で一番長寿の木、ブリッスルコーンパインを見に行き、そして、世界で最大の面積を誇るジャイアントセコイアを見に行くこと。
 この二つを見ようと思ったら、モニュメントバレーの次の日は、ひたすら北西に向かい、行けるところまで行かなくてならない。

 それでも、僕らはそれを選んだ。一日を移動に費やして、Lion Kingと夜景を諦めても見たいものが、Bristlecone Pine とGiant sepuioa、それだった。

 モニュメントバレーから、フラグスタッフの街まで戻った頃、外はまだ明るかった。空腹だった僕らは、近くの中華料理のバイキングレストランへと向かった。それはやけに甘くて、お腹でなく、胸のあたりまでいっぱいになった(気持ち悪さで)。
 翌日は、のんびりと準備をして西北の街、Big Pineを目指す。いくつもの街を通り過ぎて、ラスベガスの街の上に架かる高架橋のフリーウェイを120kmで越えて行く。僕らはラスベガスを二度、素通りした。もう一生訪れることがないかもしれない街を、今までもいくつも通り過ぎてきたように、僕らは、ラスベガスに立ちならぶビルと、煌びやかな街を横目に、砂漠へと向かう。

bristlecone pine (4)
道の途中 ダム
bristlecone pine (3)
ルート66

 州道95号線をひたすらに北へ北へと向かった。街は100kmか200kmに一つしかない。まるでファイナルファンタジーか、ドランゴンクエストだ。

 夕暮れが迫る時刻になり、ようやく、ネバダ州とカルフォルニア州の州境に差し掛かった。
 ここまで来たなら、本日の目的地big pineはもうすぐだ。

bristlecone pine (5)


 その日も宿はとっておらず、野宿が決定している。街へと向かい、野宿しても良さそうな場所を探す。24時間営業のDennysを発見し、その駐車場の隅で寝かしてもらった。何事もなく朝を迎えられることの幸せを、野宿した日は特に感じる。

 狭い車内での車中泊が得意になってきたのか、疲れがたまっているのか、朝起きる時間が少しずつ遅くなる。その日もバッチリ7時過ぎまで寝てしまった。

 本日の目的地は、二つある。それが、ブリッスルコーンパインとジャイアントセコイアだ。二つは決して近くなどない。素早く長老に会いに行き、素早くジャイアンに会いに行かなければならない。レンタカーのリミットは翌日の正午だ。僕らに時間はない、けれど野心はある。

 早速、道を間違えながら僕らはインヨー国立公園(Bristlecone pineがある所 マツの一種で、樹齢4000年~4700年程の林が広がる。因みに、残念ながらスウェーデンで樹齢9550年のマツ科のトウヒが見つかっているそうなので、僕が見に行ったのは世界一じゃなかったようです)へと向かう。

bristlecone pine (6)

 晴天の中、焦る気持ちを抑えて、車を走らせた。

 インヨー国立公園の入り口に到着すると、エントランスが10時からしか開いていないらしく、入口はもぬけの空だった。僕らは、入場料は後で払うことにして、中へと急いだ。道のりは5,6km。僕らには時間が、ない。

bristlecone pine (7)

 次々に現れるブリッスルコーンパインは、ねじれた不思議な形をしている。どれもこれも、樹齢2000年は越えているだろう。そんな風には、まったく見えない程に細くって、栄養不足なんじゃないかと思ってしまうようなものが多い。

bristlecone pine (8)
ブリッスルコーンパイン

 急ぎ足で、林道を歩いた。この林で最高齢のパインは公表されていない。沢山の人が押しおせて、生態系が破壊されるのを防ぐためのようだ。

bristlecone pine (10)

 結局、どれが樹齢4700年のものか、なんて分からなった。だから僕らは気にいった木の前に立ち、それを眺めた。こいつも間違いなく4000年は越えているだろう。

 bristlecone pine (11)


 樹齢4000年を超えて、はるかな時を生きる。雨が降り、太陽が昇る。寒い冬を何千回も越えて、芽吹きの季節を何千回も迎えた。
 葉は幾度となく落ちては枯れる。それは、また樹自身の葉になり、幹になる。
ほんのすこしずつ、確実に歳を重ねた。

 最初に落ちた一枚の葉は、4000年の時を超えて今も年輪の小さな輪かの中で生き続けているのだろうか。

 きっと僕らだって、そう。

 何万年、何千万年、何億年。僕らは、この地球が育んでいる小さな輪かの中で、生きている。いつか生きていた人が繋がりあって、一つの年輪を作る。

 僕らも、いつかあの木からふわりと落ちた一枚の葉っぱのように、この星に年輪を、刻む。

bristlecone pine
樹齢4000年を、越える。

 それでは、みなさんいい日々を!
スポンサーサイト

« General Sherman Tree モニュメントバレー »

- Comments
4 Comments

ゆうじの句読点のタイミングが、好きだ。 なんつって

なめてた…アメリカってホンマにすげぇぇな!! なんつって

by なかぬぇ | 11 03, 2010 - URL [ edit ]

お久しぶりでーす(^-^)
久々の大学生活、楽しんでますか?
農学部ってどんなこと勉強するの?
最近、農業、土に触れ野菜やお米を作ることに興味があります。
時給自足とか。
やっぱり自然がいいよね。

だいぶん前の日記だけど、“風に立つライオン”いいね!
ゆうじ君の気持ちが入った文章と写真はすごくいいね☆

曲も今度聞いてみるね!

by atsumi | 11 17, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

by | 12 15, 2010 - [ edit ]

>なかぬぇ やぁ、まだこのブログは続いていたのだ。あはは。
俺は、自由に句読点がうてるこの国の言葉が、好きだ。なん、つって(笑)

>あつみさん お久しぶりです!!もう日本にいるんですか??返信が遅くなってしまい、すいません!!
農学部の話は、またメールでもしまーす!

風に立つライオン聞いてくれました??

by ゆうじ | 01 12, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。