FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのり

02 14, 2010 | 未分類

7 Comments
いのり

 僕の通っていた高校は、キリスト教の精神を軸に据えていた。朝には朝拝を行なう。聖書を読み、讃美歌を歌う。そして、お祈りを、する。いや、お祈りの代わりに黙祷の時もある。
 そして、讃美歌かお祈りの最後には、みんなで「アーメン」と、言う。「アーメン」は、僕の記憶だと、「本当に、そのようでありますように。」という意味だ。たとえ1人の人間が、家族のことや、自分のことをお祈りしたとしても、全員でアーメン、という。全員で、「本当に、そのようでありますように。」と、言うんだ。これはすごい、と僕は思う。

DSC_0887.jpg
・・・これは、高校ではなく、ダラット教会。

 旅をしていると、多くの祈りに、出会う。
 タイ人の多くは仏教徒で、いたるところに寺院や仏像がある。人々はワットの前を通る時、手を合わせたり、お辞儀をし、そこを去る。もちろん全員では、ない。
 有名なワットの御堂では、たくさんの線香が焚かれ、御堂内が息苦しい位に煙っている。その中で多くの人が、ひざまずく様にお祈りをしている。
ラオスも仏教徒が多い。色んな場所で線香を焚いて、拝んでいる人がいる。
あなたは今、何をお祈りしているのですか。そう聞いてみたい。国や、人種、それに宗教が違っても、祈りは一緒、なのだろうか。

 愛する人のことか、愛する家族のことか、愛する自分のことか、愛することが出来ない自分のことか。それは僕には分からない。

DSC_2112.jpg

 ベトナム人も9割は仏教徒らしいが、ベトナムに入り、ワットをあまり見なくなった。タイやラオスのような、分かりやすいワットが無いだけかもしれない。日本だってそうだ。分かりやすい寺が無いだけでなく、分かりやすい仏教徒もあまり見ない。たまに原チャリに乗ったお坊さんを見る時くらいのものだ。
 
DSC_2225.jpg
これも、一種のお祈りなのかな。
 

 それから、旅に出て知ったことなのだが、物乞いもお祈りをする。誰にか。僕にだ。いや正しくは、大人達にだ。彼らは手を合わせて僕の前で、ぶつぶつと何か言っている。これは、お願いか。いや、僕にはお祈りのように見えた。手を合わせて、手を前後させながら、ブツブツ言う。僕の目をじっと見つめて、お祈りをする。
 
 たまに、泣いている子供もいる。子どものように泣きじゃくるのでなく、目に涙をそっと、溜めている。それはまるで、降り出した雨がそっと、アジサイの花びらの上に落ちて、そこからゆっくりゆっくりと地面に向かって落ちる前に、アジサイの花びらの上で一休みしているような、そんな雫だった。
 汚れた服を身に纏い、裸足でアスファルトを歩く。彼らの足は、もう真っ黒、だ。でも、彼らの祈りはなかなか通じない。もちろん僕にも。
 
 たまには、何かあげたいと思う。でも、何をあげたらいいのか、今の僕には分からない。それでも彼らは、祈り続ける。


 例えば、ポーカーで最初の手がどんなに悪い手だったとしても、人は、次に引いてくるカードに夢を見るように。例えば、ソリティアで、どんなに煮詰まったような状況でも、もしあと一枚、カードをめくる事が出来たなら、状況は大きく変わるんじゃないかと期待するように。

 彼らは祈り続ける。彼らの祈りはいつか届くのかな。 

DSC_0991.jpg
僕は、彼らを写真に納めるのが苦手だ。でもそれは、逆に失礼なことなのだろうか。


 それに、旅をしていると、僕自身がお祈りをすることも増えた。日本にいる家族や友だち、知人、それから自分自身のこと。いろいろ考えることがある。
 家族は元気にやっているかな、とか、みんなは今、何をしているだろうか、なんて考える。ついでに言えば、まだ1歳にもならない小さな姪っ子二人は風邪をひいてはいないか、とも。
 
 日本にいたときよりも、すんなりと心に染みていくように、お祈りが出来る。皆は元気にやっている。そう信じて、今日も僕は「本当に、そのようでありますよう。」と心の中でボソリと呟く。そして、この祈りと共に彼らの祈りも届いて欲しい。僕は今、そう祈る。

DSC_1105.jpg
壊されたワット。そこにも生命は、宿る。

 それでは、みなさん良い日々を!
スポンサーサイト

« ベトナムとお別れ ベトナムでソーセージを »

- Comments
7 Comments

世の中に与えられ
支えられて生きてることを
わすれちゃだめだなってたまに思う

そういう意味で抽象的にというかなんというか
「神様」って存在すると思うし
そうでなきゃ困るね

自分で言うのもなんだけど
愚かで不完全だもんねヒトって

ヒトはやっぱ何かしら目標とかほしいものがあるから生きてるのかな
好奇心ていうのかな
それとか守りたいもののためかな

うん
賢くないからここまでだわ
知恵熱でてきた

体に気をつけてね
最近キッチンはノロウィルスの関係でマスク着用が義務づけられたよ
誰もかかってないけどね

by 元クリスチャン中村 | 02 15, 2010 - URL [ edit ]

生きることは,知ることだ.

と,僕の心の師匠「海江田四郎」は言っています.

何かをやって,やりつくして,自分にもうできることがないのならば,人はもう,祈ることしかできないのだ.


「祈る」という言葉が,僕は好きです.
限りなく神聖で,とてつもなく静かで,それでいて強さを感じさせる,この言葉は,きっと日本の雑踏よりも,広大な世界でより鮮明になるのでしょう.


旅の無事を祈っております.
Good Luck!!

by Keishi NODA | 02 15, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 02 15, 2010 - [ edit ]

姪っ子ちゃんの写真を
「かわいいでしょー?!」って満面の笑みで
見せてくれたあなたを
懐かしく思います

元気にすくすく
育ってくれてるといいね

みのりもボード
みんなと行きたいー!!
絶対混ぜてな

by 10分前出勤毎回あと2分どうしても間に合わない広瀬 | 02 16, 2010 - URL [ edit ]

私がわかるのはゆうじの家族だけですが、近況報告を。
姪っ子双子ちゃんは鼻水たらしてるときもあるけど
とっても元気にすくすくと可愛く可愛く育ってるよ。
もう下の歯がはえてきてます。
食欲MAX可愛さMAX。
家族もみんな元気です。
ゆうじの両親の祈りはいつも「感謝します。」
大事な言葉。
願うだけではなく、感謝ね。
ゆうじが元気に旅が出来ていることに感謝。

by ゆみまる | 02 16, 2010 - URL [ edit ]


いちご狩りみんなネタ仕込んでくるはずなんで楽しみだぜ

奥田夜行バスおれも得意だぜ
でもおしり痛いぜ


早くゆうじに会いたいぜ

前みたいに熱いキスしたいぜ
あっこれは秘密か

by 魚民メンバー大好きでしたが、今は一人の女性が大好きだぜ、青野だぜ。 | 02 16, 2010 - URL [ edit ]

>中村さん 流石です。25歳、ですね。最近の魚民はどうですか?みなさん元気でやっていますか。

>野田さん ありがとうございます。野田さんが見ていてくれるているのが、すごく嬉しいです。祈っていてください。
知る、これはとても難しいことなのだと最近強く感じています。

>広瀬さん 旅に出て1月と少しがたちました。僕はこの1月をひどく長く感じていますが、もう僕は懐かしい人間になってしまいましたか。

>ゆみちゃん そうか、感謝だね。これは忘れてはいけないよね。姪の話しを聞いた時、不思議と涙が溢れてきました。感謝します。人は何かを愛おしくおもうとき涙がでるんだね。

>青野氏 最近暴走してますね。大丈夫ですか??いちご刈りはもういかれたんですか?

by ゆうじ | 02 19, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。