FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレアヴィヒア

02 28, 2010 | カンボジア

1 Comments
プレアヴィヒア

 旅に出て、50日。また、スタート地点のバンコク、カオサンストリートに帰って来ました。

 旅に出て49日目、カンボジアのもう一つの世界遺産である、ブリアビヘアへ。
 朝の6時、宿のロビーに集合。今回は日本人が12人も集まり、大きめのバンを借りて260km離れた、タイとの国境にそびえ立つプリアヴィヒアへ向かった。
 片道4時間半。前半の2時間は、舗装された道を快調に走っていく。その後は、赤土のボコボコの道を走っていく。時にお尻が飛び跳ね、ガタガタと穴掘り機のような振動を感じながら、進んでいく。まるで、アトラクションのように。



 山の麓にある、一軒の食堂に到着した。そこでお弁当をチャーターする。「フライドライスwithチキン」なら、出来る、と言われ、頼みもしないのに、彼らは生きた鶏を一匹、足を鷲掴みにしながらやってきた。一人前2ドルと言われ、ケチな日本人の僕たちは、「安くして」と、要求する。彼らは相談には応じてくれなかった。彼らの強みは、食堂はここにしかない、ということだ。
 でも、バイタク現地人の一人がイイヤツだった。「1ドル50セントで、弁当を作ってくれるところを知っている。」そう、言ってそこに連れって行ってくれた(僕ではなく、カズさんと黒沢さんを)。
 そして、カズさん達の努力によって、僕らはお弁当を5000リエル(1ドル25セント)で手に入れた。

 僕らの為に連れて来られた、一匹の鶏は、知らない間に捌かれて、鶏肉になっていた。

 そこから、日産のピックアックトラックに乗り換えて、急勾配な坂道をグングン登っていく。後ろには、カンボジアの平原が広がっていた。標高を500m程上げて、僕らはプリアヴィヒアに到着した。

P226218512322322213.jpg


 世界遺産の石段の上で、先ほどのお弁当を、皆で食べる。風に吹かれてさ。

P2262202.jpg

 周囲には、カンボジアのアーミーが沢山、いる。ここは、タイとの国境にあり、世界遺産の登録によって、カンボジアとタイがプリアヴィヒアをめぐって銃撃戦を繰り広げた。それは、2008年の話だ。  
ここからも、見える。タイ軍のキャンプ地が。今でも威嚇射撃が行われている。それにより、今でもここには、多くの兵隊がいる。デカイ銃を、脇に置いて。

 お昼ごはんを美味しく頂き、山の頂にあるプリアビヘアを登っていく。荒廃した遺跡を抜けて、左手を見ると、そこには、タイとカンボジアの国境線である、赤土の道が眼下に見える。遠くの空は、薄い膜のように広がる空気によって、見えない。でも、果てしなく向こうまで、平原が広がっていることが分かる。

DSC_1805.jpg
プリアヴィヒア遺跡
DSC_1822.jpg
左下から延びる赤い道。左がタイで、右がカンボジア


 美しい、とても。

遺跡が何故、こんな山の上に建っているのか。これが、答えなんだ。そう、思った。

DSC_1826.jpg

 遺跡を下り、入口に向かった。入口はタイ側に伸びている。そこには、カンボジアのアーミーキャンプがある。彼らは、とてもフレンドリーだ。3、4人の軍人が、ガイドしてくれた。タイとの国境には、人が入れないように鉄線が、ぐじゃぐじゃと重なっている。

 そのあと、塹壕を見せてくれたり、本物の銃を持たしてくれたりと、まるで、ツアーのようにガイドをしてくれる。彼らには、まるで緊張感が足りない。地面には、トランプが散乱しており、彼らは多分、カードゲームに精を出している。
 実際に何人もトランプをしていた。やっぱり、軍人はポーカーをやってるのかな。

DSC_1865.jpg
これ、めちゃくちゃ重い。やはり、ランボーの腕力は尋常じゃないことが分かった。


 軍人に見送られ、僕らはプリアヴィヒアを後にした。急勾配の道を、下っていく。帰り道、午後6時頃、真っ赤に燃えるような太陽が、地平線の向こう、雲の向こう側に沈んでく。


 宿に帰り着き、またいそいそと準備を始める。今夜はバーベキューだ。名付けて「カズスペシャル。」

P2262508.jpg


 11人の1人旅の旅人が偶然、日にちと場所が一致して、1人じゃなくなる。そこに。2人のカップルを合わせて13人が、出会う。
 「カズスペシャル」は本当に、カズさんが、奔走してくれました。お疲れ様です、ありがとうございます。そして、皆さまスペシャルな日をありがとうございました。

DSC_1877.jpg
 

 それでは、皆さん良い日々を。
スポンサーサイト

« 歯磨き粉を返して!下さい。お願いします。 ベンメリア »

- Comments
1 Comments

本物だ・・
出世したのう

奥田くんは死後の世界とか神様とか悪魔とかどう思う?輪廻転生とか

確実に死ぬのに
時間がいつまでも続くような気がして
随分と無駄な遠回りをして
大切なこと
たくさんなくしたよ
これからもなくすのは辛いんだろうなあ

はあ~
パワースポットに行って癒されたい
とりあえず青山行って星でも見てくるノシ

by 中村 | 02 28, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。