FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダージリン

03 09, 2010 | インド

3 Comments
ダージリン

 ダージリン最寄りの駅NEW JAIPAIGRI に着き、そこから乗合ジープに乗って、ダージリンを目指す。10人乗りのジープに12人位押し込んで、それは黒煙を吐き出しながら走りだした。
 ガタガタの山道を、縦に横に大袈裟に揺れながら、一気に標高2200mまで駆け登る。縦揺れと横揺れが同時にくるなんて、地震でいうと記録的な損害が出そうだ。僕が耐震偽装のビルだったら、損壊は免れなかった。震度6強はあった、はずだ。僕がビルでも耐震偽装でもなくて本当に良かった。

標高が上げるにつれて、外から流れ込む風が冷たくなり、雲が近くなる。ダージリンに着くと、辺りは白く霞んでいた。山々はまるで幻のように、雲の中に隠れている。
 
 標高が2200mもある、ダージリンは水不足のようだ。まるで日本の山小屋状態。トイレは流れず、バケツで流す。お風呂は一回に使えるお湯の量が決まっていた。しかも、夜はかなり冷え込み、シャワーが途中で水になったら、それは多分、死を意味する。だから、僕はいそいそと、お風呂を済ました。しかし、風呂上がりが、何よりも寒い。ぶるぶる震え、急いで服を着る。この感覚はまるで、日本に帰ったような気分にさせてくれる。

 翌朝は、3時20分に起床。ダージリンで一番の目的でもある、タイガー・ヒルに朝日を見に行くためだ。朝はもちろん寒い。暑さと同様に寒さにも強くない僕は、下はヒートテックにジーパン、レインウェア。上は、ヒートテックにインナー、パーカー、レインウェアにダウンジャケットという、誰よりも充実した装備だった。薄着のミッチーさんには、申し訳ない思いでいっぱいだった。

DSC_0310.jpg
黒い煙を吐き出すジープ。

 そして、3時40分頃に外に出て、ジープに乗る。日の出は何時か、と尋ねると、6時だ、と言われた。タイガー・ヒルまでは何分かかるか、と聞くと、35分だと言う。どうやら僕らは、激しく張り切り過ぎたようだ。寒い車内で、人が集まり出発するまで、ひたすら待つ。
 4時半を過ぎた頃、ジープは僕らと僕のウキウキを乗せて出発した。真っ暗闇の中をジープは震度5弱で進んでいく。
 
 まだ薄暗い、5時過ぎに標高2500m、タイガー・ヒルに到着した。遥か遠く向こうの方が、少し赤く染まっている。僕は、冷たくなった手を温めながら、それを、見る。感傷に浸りながら。
 それも束の間。おばさん達が「こーふぃー、こーふぃー、こーふぃー!」と早口で言いまわる。夜行列車でも思ったが、何故こうも、連呼するのか。気分を壊さないでくれ。この時ばかりは、耐震偽装でもいいから、ビルになりたかった。

DSC_0331.jpg

 5時30分を回ったころ、辺りはぼんやりと明るくなり、北の方には、ヒマラヤ山脈が連なっているのが見える。雲海を通りこしたずっと向こう側に、それは、あった。
 標高8586m、カンチェンジュンガの頂は、雲に突き刺さっている。その雄大な姿に、僕は本当に感動した。白く雪化粧をした、その山々に僕の心は震えた。誰もいなかったら、叫びたい。言葉は決めてないけど、とにかく叫びたかった。

DSC_0328.jpg
ヒマラヤの山々。
 
 それと同時に、東の空は赤く、赤く染まり、雲の中からゆっくりと太陽が姿を現した。ヒマラヤの山々は雪化粧を、オレンジ色に染めている。
 
 自然の美しさに敵うものなど、ないんじゃないか。自然のかっこよさに勝てる奴なんていないんじゃないか。そう思う。

DSC_0366.jpg

DSC_0408.jpg
ただ、そこにあるだけで素晴らしい。

 真っ赤な太陽は雲の中からのそのそと上がってくる。赤かった太陽はどんどん黄色く、そして白く、色を変えていく。辺りに立ち込めていた雲海は、役目が終わったかのように、姿を消した。

 自然は不自然な位に、よく出来ている。これからも、この営みはずっと、続いてくんだろうな。ずっと、続いていって欲しいな。

 山を下りてほっと一息、ダージリンティーを飲む。温かくて、美味しい。インドのチャイと言えば、ミルクティーだった。久しぶりに飲む、ストレートティー。渋みも少なくて本当に美味しかった。
奮発して、渋々20ルピー(40円)も出しただけのことはあるな。うん。

DSC_03014457.jpg
これ、うまい!
 
それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« まるで、幻 コルカタ  »

- Comments
3 Comments

よっ!ゆうじお久しぶり!
長い間何も書いてなくてほんとに申し訳ない。めんどくさがりなもんで笑。ヒマラヤいいねぇこの目で見たい!!v-237なんか悠史は帰ってきたらこの旅で本一冊暗い書いちゃうんやないかと思ってます。ほんとに楽しんでるようで何よりやわ。また一回スカイプとかで話してみたいなあと思っとります~
おれはあっさてからアメリカのノースカロライナに研修で10日間くらいいってきます。あと休学も決まったので5月くらいから出発します。これも悠史とかおれの周りの人その他の人の影響をうけたからかなあと思う。なんかありがとうやな。海外同士でスカイプするとか憧れやわ笑ほんでわまた!とにかく楽しんで!

by ふるかわ | 03 11, 2010 - URL [ edit ]

久しぶりー。
あーいいなぁ、旅まっさかりやね。Tシャツにおてる。
うちは今実家。なんかね、高校の同級生も世界一周しとるんやって。ゆーじと同じとこらへん旅しとるっぽかった!!!まーうちあんま話したことない子やけど…(だってラグビー部でかっこよくて怖かったんやもん。笑)もし会ったら面白いな。他にもカナダや中東?に行っとる子も居るらしい。みんなやるなぁ。なんか元気んなった一日でした。

ほんでうちはシューカツやら院やら…若干迷走中。
でも自分の気持ちに素直に、楽しく生きよーって思う今日この頃です。


最近伊那は雪が降ったよ。
バスん中から空を見て、ゆーじ何してんのかな、同じ空を見てんのかなって思う。
そんで相変わらず?「ハイウェイ」聞くとゆーじを思い出す。
うん…なんか自分の話ばっかになってしまったけど(ごめん)、最後にもう一個だけ。
実は成田空港でゆーじに「頑張れよ。」って言われた時、ほんま何故か泣きそうんなってました。うん、単に言いたかっただけ。

ともかく、いつだって応援しとる!!!
同じ地球にいるってすごい!!!
これからも良い旅を。

あーコメントはやっぱ苦手です…。

by | 03 12, 2010 - URL [ edit ]

>ふるかわ メッセージありがとう!コメントは嬉しいね。最近は、めっきりコメントも減ってしまいまして・・・。寂しい夜を過ごしております。10日間だけ、アメリカ行くなんて、贅沢やな。休学おめでとう!スカイプしようぜ(^-^)五月はアメリカから始まるのか?俺もそろそろ、旅を中断して、インドで20日間お手伝いだ。卒業遅れ組、頑張りましょー!

>蘭 コメントか、メールか分らんわい!赤面してしまうような内容やな(笑)でも、どしどしコメントしてよ。コメントってこんな嬉しいんやな、ブログを始めて知ったよ。相変わらず俺はビビりやから、なかなか大変やけど、楽しくやってます。

蘭も迷走中か。俺も道にはよく迷うよ。今日も適当に歩いてたら、道に迷って、6時間くらい歩いてたもんね。道は迷うより、迷え!なんていい聞かせながら、今日も同じ空の下を迷走中です。頑張りましょうや。ほなほな

by ゆうじ | 03 12, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。