FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで、幻

03 11, 2010 | インド

7 Comments
まるで、幻。

 聖なる川、ガンジス川。僕は今、バラナシにいます。

 ダージリンは、ヒマラヤ山脈と、紅茶だけではない。そう、ご存知トイ・トレインがあるのだ。トイ・トレインとは、New Jaipaiguri から、Darjeeling まで、8時間程かけて登る登山鉄道なのだ。ジープだと、3時間のところを、8時間かけて、上る。とても、遅い。
 しかし、この鉄道は世界遺産に登録されている。ゆっくりゆっくり時間かけて、山の風景を見ながら、登っていく。僕とミッチーさんは、流石に全行程乗る気はなかった。世界遺産に少し乗れればよかった訳だ。そして、そんなお客様のニーズに答えてくれるのが、Joy Rideだ。ダージリンから、一つ次の駅、グームまで行き、ダージリンに帰ってくるというものだ。予定時間は、往復2時間。

DSC_0467.jpg
機関車って面白い。給水したり、石炭を一生懸命燃やしたり、大変な仕事だ。

 僕とミッチーさんは、トイ・トレインに乗り込んだ。そして、発車と同時に眠りについた。タイガー・ヒルに行き、もうヘトヘトだったのだ。それに標高2200mもある、山の上だ、10時を過ぎると、もやのようなものが、辺りに立ち込め、山の風景なんて見えない。少し走っては、止まる。それを繰り返しながら、片道2時間半かけてグームに到着。話が違うじゃないか。
 往復2時間、お昼過ぎには、帰って来るはずだった。でもお昼を過ぎた1時に、一つ目の駅グームに到着。その日にダージリンを後にするミッチーさんは、足早にトイ・トレインを降り、「俺はもう、ジープでダージリンに帰るよ。」と言う。そして僕らは、握手をしてお別れだ。

DSC_0512.jpg

 僕は、一人でトイ・トレインに乗り込んだ。トイ・トレインの汽笛が聞こえた。いや汽笛を感じた、と言った方が正しい気もする。地面が揺れる位の音だった。ブォーー!と甲高い音を出している。
 それは、出発の音としても、別れの音としても、相応しく思えた。

 帰りは早く、40分程でダージリンに到着した。もう、ダージリンの街全体が、雲の中にいるように、白んでいた。
 その日の夜、宿が寒すぎて僕はもう、ダウンジャケットを着たまま、寝袋にピットインし、本を読んだり、湯たんぽを腹の上に載せて、お腹が冷えないように過ごしていた。そうそう、僕はダージリンで、旅に出てから初めて下痢をしたのだ。自分でもびっくりした。うぉう!と思った。迂闊にオナラもこけないのだ。こ、これがインドの細菌か!と激しく驚いた。そんな、油断ならないお腹を抱えながら眠りに着いた。

 翌朝、僕はハッピー・ヴァレー紅茶園に向かった。紅茶園は広く、歩いても歩いても道が続いている。遠く町の方から、トイ・トレインがブォー!と言っているのが、聞こえる。明日も明後日も、あの青いトイ・トレインは、蒸気を吐き出して、ブォー!と言いながら、ゆっくり山道を上り、そしてまた、ゆっくりと下っていくんだな。

DSC_0557.jpg
尾根に広がる紅茶畑。
DSC_0565.jpg
皆からもらった、メッセージシャツ。暑くてなかなか着れなかったけど、やっと着れました。皆ありがとー!

 山の尾根に広がっている紅茶園。坂道をおばさん達が、堆肥を担いで登っていく。ゆっくりゆっくり登っていく、着実に。まるで、トイ・トレインのように。

 紅茶園を出てしばらく歩いていると、ヒマラヤの山々が、見える。

DSC_0439.jpg

 そして、それはまるで、幻だったように、雲の中に消えていく。午前10時、少し前、ヒマラヤは今日も完全に見えなくなる。

 僕は、余韻に浸りながら、コルカタへ向かう為にジープで駅を目指した。その日の夜、あの有名な、オカマの物乞いに、しつこく、そりゃもうしつこく「お金出しなさいよ、ちょっと、寝たふりなんてしていないで、お金だしなさいったら」と言われながら、体を硬くしているなんて、もちろん想像もしていない。これは、幻、であってほしかった。

DSC_0433.jpg
チャイ屋のオヤジ。

 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« バラナシ ダージリン »

- Comments
7 Comments

森林ポロシャツ!!
初登場に相応しい写真ですな笑

オカマは色っぽいインド語で話すんですか?

by 中嶌 | 03 12, 2010 - URL [ edit ]

森林ポロシャツ決まってるじゃん!!
でも、チャイ屋の親父の写真も哀愁ただよって
なかなか好きだよ(笑)
あのK野さんもゲイに襲われそうになったし、
やっぱり世界旅してたらそういう人との遭遇も
避けられないだろうからくれぐれも気をつけて!!

by ヒロスケ | 03 12, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 03 13, 2010 - [ edit ]

オカマはやばいけど、酔っ払いにも要注意だよ!本当に…
今日の夜買い物に行ったとき、いかつい目のロン毛でターバン巻いててポッチャリマッチョで、海賊の下っ端みたいなおっさんが酒瓶を持ってこっちにペラペラ話しかけてきて怖かった!!
オカマの誘いは丁寧に断ればいいけど、海賊に誘われたらダッシュで逃げてね!

by みく | 03 13, 2010 - URL [ edit ]

ユウジ!久しぶり。ずっとブログ読んでたけど、初めてコメントするわ。現実離れしたブログにいつも元気もらってたよ。

ついにポロシャツも世界デビューだな(笑 「SHINSHUってなんだ?」って聞かれたら、誇りを持って面白おかしく言い返してくれよ!!


俺は昨日のレースで、今シーズン終わってしまったよ。なんだかぼけ~っとしてる‥‥‥もう春だな。白馬も雨が降ってたよ。帰ってきたらスキー行こうな!

とりあえずこれから就活しようかな(笑

うん。そんな感じで僕は元気です!もっと色々書きたいけど、また今度にするよ。

良い旅を!

by なべ | 03 13, 2010 - URL [ edit ]

しんしゅーさん達に紛れて書き込んじゃいます。
ひろびろとしていて、いぃいですねぇ、広いですね~。山の景色とか、気持ちも、ですか??
というか、日本じゃありえないような無茶苦茶なことばっかで、オモシロです(゜▽゜)
お腹はオーケイですか?
先日、東京の街でたまたま偶然!!高校のせんぱい(東方神起のリーダー様)に出会いました!!
旅してたら、数え切れないくらいの出会い(人・物・事…)がありそうですね。
同じくらい、日常の日々の中にも実は、無数にそのチャンスは眠っているかも、と思うので、私も逃さないように、掴もうと思います。
早咲きの桜が咲く千葉からでした。

お体にはお気をつけて(゜▽゜)

by 五味 | 03 13, 2010 - URL [ edit ]

>中嶌さん オカマは色っぽい声では、喋りません。でも、不思議とオカマ口調に聞こえるもんですね。かなり腕毛が気になります。

>ヒロスケ チャイ屋のおやじはかっこいいけど、こういう所で、チャイ飲むのはなかなか勇気がいるよ。衛生的に不安だよね。ゲイ・・・、怖いね。自分の身は、自分の身で守ります。須賀の二の舞は避けなければ(笑)

>みく 大丈夫!僕は健全な旅人、酔っぱらい出没タイムに出歩きません。みくも気をつけてくだされ。危ない時は、プリーズヘルプミー!!でよろしく。

>なべ なべお疲れさま。なんか、レースが終り、白馬には雪が降る、ってなんかいいな。そういうの好きだよ。就活か。桜が咲いて、また散って、就活が終わった、らいいな。
お互い頑張ろうぜ。あぁ~スキー行きたいね!

>五味さん お腹はオーケイ!です。すぐに治ったよ。梅肉が効いてますね!
東方神起のリン君は今も、東方神起のままでしたか。いいなぁ、俺も会いたいな。

出会いも多々ですが、バックパックを背負っていると、それらは、全てスルーです。あいつが重いんだ。体は軽く、これがチャンスを掴む秘訣かも!
それでは、お元気で(*^_^*)



by ゆうじ | 03 15, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。