FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラナシ

03 14, 2010 | インド

2 Comments
バラナシ

 コルカタ20時発、バラナシ行き。僕は、これに乗るために宿を19時少し前に出た。そして、バスがしこたま走っている通りを目指した。
 バスが目の前に停車し、乗務員のおっさんが、「ハウラーハウラーハウラー!」と、叫んでいる。ハウラーは、僕が行く駅の名前だ。
 
 よかった、と胸を撫で下ろした。そして僕と、もう一人ブッダ・ガヤーに行くために駅に向かう方が、バスに乗ろうとした。そのとき、乗務員のおっさんは、「NO NO NO」とブルーハーツの曲名を連呼してきた。そして、あっちに乗れと言ってる。僕らは、素直に従いそっちのバスに乗ろうとする。 すると、こっちのおっさんも「NO NO NO」だ。こんなにもブルーハーツが流行っているとは思ってもみなかった。3台目は、バスをドンドン叩きながら、「NO NO NO」だ。僕らは何故だ!?と聞いているのに、彼らはバスをドンドン「NO NO NO」しかいわない。まるで、地団駄を踏む子どものような対応に、僕らは呆れてタクシーに乗り込んだ。

 無事に駅に到着し、少し手間取りながら、バラナシ行きの電車を発見した。

 寝台列車に乗り込み、僕はそそくさと3段ベッドの一番上に座り、横になる準備をした。何故なら、そう、オカマの物乞いが来る前に寝た振りをしたかったからだ。
 もちろん奴はやってくる。手を顔の左側でパンパン!と叩きながら、やってくる。僕はもちろん寝た振りをしながら、彼(彼女)が去るのを待つ。しかし、彼(彼女)は寝ている者への配慮など、全くない。寝てたら起こす。これをモットーにしているようだ。僕は、体を揺すられた、いや強請られたの方がしっくりくる。
 オカマさんが過ぎ去ると、安心して僕は眠りに着く。しかし、彼ら(彼女ら)は徘徊している。そのため、何回かやってくる。その度にお金を出さないと、「この、ケチンボ!」とでも言わんばかりに去っていく。

DSC_002811.jpg
サイクルリクシャー
 
 バラナシに予定時刻から、2時間い遅れで到着した。駅から出ると、噂のリキシャー軍団に囲まれる。「おぉ、これか」と少し、感動を覚えた。
しかし、やはり彼らは鬱陶しい。何度行きたい宿を伝えても、そこは危ないとか、いつもフルだ、と言い自分がマージンを貰える宿にばかり連れて行こうとする。なんとか、やる気のなさそうなサイクルリクシャーを捕まえて宿まで連れて行ってもらうことが出来た。

僕は荷物を置いて、ガンジス川へと向かった。

DSC_209211.jpg


 川沿いのガートを歩いていると、日本語がメチャクチャ上手い少年に声を掛けられる。彼の口癖は「まじですか」、だ。それは、敬語なのか、なんなのか。
 日本人の話す日本語を聞いて、勉強したんだな、と感じる。

 聖なる川、ガンジス川。

 僕の第一印象は、思ったほど汚くない、だ。水は、真っ茶色で、何も見えないと思っていた。しかし、以外にも、水は辛うじて透けていて、川辺の魚が上から見える。

DSC_004311.jpg

 ガートをしばらく歩いていると、マニエルニカーガート(火葬場)に辿りついた。このマニエルニカーガートは、死体を焼却し、ガンジス川に流す。

 ここには、インド中から死体が運ばれてくる。そして、ここでは24時間絶えることなく、焼却が続く。辺りには、薪が積んであり、牛がそれを見守っている。

 人は、布に包まれ、ガンジス川で一度清められる。その後、少し大きい焚き火程度の火で焼かれる。そこに、遺族はいるのか、どうなのか。沢山の観光客と牛に見守られながら、焼かれている。牛は、煙たいのか居場所を探すように、顔を右に左に動かしている。

 まるで、上りゆく煙に魂を見出して、お見送りをするように。

 あまりにも、あまりにもあっさりしている。毎日毎日絶えることなく、人が運び込まれ、焼かれる。それぞれの人に、それぞれの人生がある。それの終着点は、誰しもここ、なのか、と考えてしまう。誰しもが、このガンジス川の畔で焼かれ、灰になり、流されていく。

 多くの観光客に見守られながら。

 僕は、足早にそこを後にする。例えば、人は、死んだら皆同じだ。そうかもしれない。でも、そこにすら差がある。
死んだら皆同じ。確かにそうなのかもしれない。でも、それにすら違和感を感じる。

 でも、死ぬ、その瞬間まで、生きてんだもんな。僕は今日も生きてんだもんな。そんなことを考えていると、太陽は沈み、真っ暗な夜を迎えに行く。
暗闇に、黒い水牛が同化している。インド人が、またしつこく声を掛けてくる。皆生きてんだもんな。

 何だか、それが、いやに愛おしく思えた。

DSC_207911.jpg

DSC_2121.jpg
今日も祈りは、ガンガーへ。

 それでは、みなさん良日々を!
スポンサーサイト

« 日の出 まるで、幻 »

- Comments
2 Comments

オカマって、悪魔やな
俺が日本でグダグダ生活しているなか、君はオカマにビクビクしながら旅をしているんだね。なんかそれ聞いて俺の夢にも出てきそうやわ。
ホンマに大変そうやな~

ガ・ン・バ・レ・ユウジ。
オカマに襲われんなよ~ (;_;)/~~~

by 小山 | 03 15, 2010 - URL [ edit ]

>小山 君は今も旗振りかい??なんか状況が変わったら教えてよね。オカマなんか、余裕やで。敵は蚊だ!!

by ゆうじ | 03 16, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。