FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマステ!

03 28, 2010 | インド

5 Comments
ナマステ

 アラハバードに来てから、もう2週間が経とうとしています。この2週間の中で、温度は上り、風に舞う砂が増えました。今日も砂は、風に乗って僕の部屋へと舞い込んで、僕の目の中まで侵入してくるようになりました。

 アラハバードに、1人の日本人が訪れた。長髪に髭。もちろん僕は、敬語でご挨拶。渡された名刺には、大学1年生と記されている。「おいくつですか?」と尋ねた。彼は、「19です」と笑った。敬語なんて、全然使わないで下さい、とも言った。僕は、わかりました。頑張ります、と言ってみた。それから、4日が経つ。僕は、もちろん敬語で話し続けている。
 ヒトシ君(長髪と髭の彼)が来た次の日、3人の日本人が訪ねて来た。彼らも大学生。大学2年生が2人と、院生が1人。僕は、もちろん全員に敬語で話している。旅に出てからからなのか、もう敬語が抜けない。タメ口が使えなくなりそうだ。

 でも、久しぶりの若者に僕は、興奮で鼻息を荒くしていた。ヒトシ君と出会った日の夜も、かなり話した。同年代というのは、面白いものだな、と感じた。
 しばらく、アラハバード大学で村へ同行したり、オフィスで作業をしていると、自分の気持ちを話すことが少なくなってたんだなぁ、と実感。

 学生4人はみんな、国際協力などに興味があって、ここに来たようだ。村に行ってもしっかりメモを取っている。僕は1人、写真を撮っていた。
 
namaste (5)
カンジャサ村
namaste.jpg


 5人でカンジャサ村に行ったとき、僕らはある家に招待された。そこに座っていると、横のお兄さんが、手に彫ったタトゥーをしきりに見せてくる。・・・ハートだ。顔が近いし・・・。
 インドはゲイが多いようだ。夜(昼も)なんか歩いていると、手を繋いで歩いているおっさんも多い。普通の男女が手を繋いでいるシーンを見ることは、あまりない。ゲイを軽くあしらい、ハルディー村へ向かい、学校の授業参観をした。
 

 子どもたちは、20人程度だ。僕らが訪れると、一斉に立ち上がり、「ナマステー」と手を合わせる。僕らも「ナマステ」と手を合わせた。この、挨拶のときに手を合わせる、という行為が、僕はすごく不思議に思う。日本でこんにちは、と言う時、手は合わせない。はじめまして、と言うとき僕らは握手をする。西洋人はハグをする。人は、お祈りの時、手を合わせる。この間、いのり、というブログを書いた時に、祈りは感謝です、と姉からメッセージが来たこと思い出した。
 祈りは感謝です。


 namaste (4)
なますてー! 
 
 ナマステは、挨拶であると同時に祈りである、ような気がした。
 
 祈りは感謝です。

 僕らは、ごはんを食べる時にも手を合わせる。「いただきます」と言いながら。祈りは、感謝で、合掌も、感謝だ。僕はそんなことを思っていた。

 子どもたちは、かわいい青い制服を着ている。床に布を敷いて、みんなそこに座っていた。お尻のやわかい僕は、すぐにお尻が痛くなりそうだな。それか、硬くなるのかな、お尻って。
 ヒンディー語(国語)の授業のようで、1人が音読し、みんなが後に続く。こうやって、学んでいる子どもがいて、同じ村でも、学校に行かない子どもは、多い。いや、そういう子どもの方が多い。
 
namaste (2)
ヒンディー文字って難しい・・・。
namaste (3)

 見学を終えて、僕らはまたジープに乗り込んだ。

 翌日、3人で来た、黒木君・阿部君・徳さんは2日だけの滞在で、嵐のように去っていった。僕も本当は、いつもそうなんだな、と思う。いつも移動して、新しい街に着いてもやることがなくなれば、移動する。2泊、3泊でその街を後にする。その街の人には、誰にも見送ってはもらえない。1人でバックパックを背負い直して、次の街を、目指す。
 でも、今回の僕は違う。何度も村へ行き、村の子どもたちは、いつも僕を見送ってくれる。そして、たまに来る来客者を、僕は見送る。まるで、ここに住んでいるような感覚にもなる。それもそろそろ終わりだな。僕の旅立ちも近づいて来たんだから。

namaste (1)
みなさんに合えて感謝です。
 
ここを、出るときはもちろん、ナマステと手を合わせるつもりだ。
 
 それでは、みなさん良い日々を!
スポンサーサイト

« アーグラ 陽炎 »

- Comments
5 Comments

∧_∧ オチャドーゾ
(´∀`)
( ∪ つ ∬
と_)_) 日

ゲイって何がきっかけなんだろうね。やぱ気持ちイイんかね・・
奥田くんがゲイに襲われないように祈るよ★

フリーザがフルパワーになったよ

by いろいろ卒業した中村 | 03 28, 2010 - URL [ edit ]

オカマの次はゲイかい
ナニかとしんどいな。

悠史には何かときめくものはあったかい

by 小山 | 03 29, 2010 - URL [ edit ]

カズです。お久しぶり!!
インドいいね。子供達の笑顔いいね。俺も早くインド行きたくなってきた。
マレーシア、シンガポールと渡ってきて久しぶりに一人を満喫してるんだけど、ちょっと面白みにかけるね。
街や道路はとても綺麗で、移動も楽ちん。だけど、物乞いや怪しい勧誘がいないので話し相手がいない。宿の同室者への挨拶ぐらい(苦笑)

ゆーじ君、インドなのに(写真を見る限り)ちょっと太った?全然やつれてない。インドなのに・・・(笑)

by 世界ウォーカー | 03 29, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 03 29, 2010 - [ edit ]

>中村さん お茶どーも。中村さんは色々卒業されたんですね。じゃあ、魚民も終わりですか?まぁ、冬にスノーボード行きましょう。みんなで。ドラゴンボールまだ、やってたんですね。ゲイは目覚め、じゃなくて、気付き、なんじゃないですか(笑)

>小山 そうね。世界は広いよ。知らないことだらけだわ。小山はトキめいてないようやな。俺も色々迷ってんよ。

>カズさん HP見てますよ!美女との出会い、どんまいです。しかし、僕こそがキングオブチキンと断言できますが・・・。 インドは確かに、面白いです。客引きもリクシャーもある意味面白いですよ。

僕は、インドに来て完全に太りましたね。いや太ったと言うより、お腹がふっくらしてきました。インド料理は油料理なんで、食べ過ぎ注意です。
それでは、また!お互い気を付けていきましょう(^-^)

by ゆうじ | 03 30, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。