FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パムッカレ

04 19, 2010 | トルコ

7 Comments
パムッカレ

 イスタンブールの宿を夜9時に出た。出来上がったばかりの日本のルーで作ったカレーを、急いでかき込み、それが熱々で、口の中を火傷しそうになりながら食べた。久しぶりの日本のカレーは美味しくて、もっとゆっくり食べたかった。

 宿を出て、トラムと地下鉄を乗り継いで、バス停へと向かう。次の目的地はパムッカレ。そこには、世界遺産である石灰棚とヒエラポリスがある。パムッカレまでは、宿で一緒になった方と同行することになった。
 バス停に10時2分前に到着した。バス停に着くや、緑と黒のボーダーのTシャツを着たトルコ人が、どこに行きたいのか、と聞いて来て、パムカッレと答えると、ぐいぐいと案内してくれる。そして、パムカッレ行きのバスがどこもフルであることが判明し、僕らは苦渋の選択を迫られた。一度出直すか、バスを乗り継いで行くか。そして、もう1つ面倒くさい選択を迫られた。ボーダートルコ人が要求するチップを払うか払わないかだ。もちろんこれは、即答で払わない、を選択した。
 
 どちらも嫌だったが、僕らは乗り継いで行くことを決意し、12時発キャタフヤ行きに乗り込んだ。バスの一番後ろの席に座り、12時発のくせに何度も飲み物を配りに来たり、ゴミを回収しに来たりする。電気も付いているし、本当に寝にくい夜行バスだ。6時にキャタフヤに到着し、そこで、9時半発パムッカレ行きのチケットを買う。3時間も時間を持て余し、ようやく、9時を過ぎて、バスが到着した。僕たちは、それに乗り込んだ。9時半に出発し、パムッカレ村の最寄りの町、デニズリに到着したのは、1時半頃だった。
 
 そこから、ミニバスに乗り込みパムッカレ村へと向かい、2時過ぎにパムッカレ村に到着した。
 早速、僕は石灰棚とヒエラポリスへと向かった。僕は、この日の夜に、カッパドキアに夜行バスで移動する。急いでその景色を見に行かなくてはいけなかった。こんなにも、急いで、こんなにも、焦って、観光するというのは、なにか、失礼な気がしてしまう。

パムッカレ

 パムッカレの石灰棚は、石灰で出来た山のようなものだ。そこに棚田のように、段々に水たまりが出来ている。その水が美しい水色なのだ。
 そして、その石灰棚の上を歩くときは、靴を脱いで裸足で歩かなくてはいけない。このとき、思うのは、自分の足がいかに貧弱で軟弱ものかということだ。いつも靴に守られていて気付かない。こんなにも、裸足で歩くと痛いのか、と気づく。
 少しの、ほんの些細な砂利が転がっているだけで、体重を急いで、踏んだ足の逆足に持って行く。インドなどで、見た裸足で駆け回る子どもや、裸足で、農作業する人のそれと、僕の足はまるで別物なんだと気付く。
 石灰棚を登って行くと、所々に美しい色の水が、ある。僕が写真で見た、パムッカレとは明らかに違った。水が溜まっている場所が、少ない。ソーダアイスのような色の水が、折々の棚田を形成している景色だと思っていた。

パムッカレ (2)
石灰棚
パムッカレ (3)


 観光客の増加によって、湧水が枯れつつある、らしい。水を溜める日と、溜めない日があるとも聞いた。何にしても、今日の石灰棚の水は少ない。

パムッカレの石灰棚は純白で、太陽の光を目一杯反射している。そして、石灰棚の上からは、パムッカレの町が一望でき、周りは畑しかない平原が広がっていた。

パムッカレ (4)


 石灰棚の上には、ヒエラポリスというローマ遺跡がある。もう朽ち果てていて、多くの遺跡は、それが何なのかすら分からない。ただの石の集合体のように見える。一面に草が生い茂り、野花が咲き誇り、石の集合体がある。僕は、決して遺跡が好きな方ではない。それでも、その景色は好きだった。遺跡が好きなのではなく、その景色、その立ち振る舞いが美しくて好きだった。

パムッカレ (5)
ヒエラポリス
パムッカレ (6)


 ヒエラポリスの一番上には、円形劇場が綺麗に残っている。劇場の上の席からの眺めは綺麗だ。劇場の南西には、残雪を被った山が見える。

パムッカレ (7)
円形劇場

 ヒエラポリスを降りて、また靴を脱いで裸足になり、石灰棚を下っていく。行きよりも帰りの方が痛いのは、何故だろうか。それは多分、急いで下りているからなんだな、と思う。ゆっくりと登っている時には感じなかった痛みが、ある。
 石灰で出来た地面を、ゆっくりと踏みしめながら僕は、村へと向かった。


パムッカレ (1)

それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« カッパドキア イスタンブール »

- Comments
7 Comments

お久しぶリです★
…覚えてますか⁇笑
実は1月から毎回見てました。。コメントスルーしてごめんなさい 笑
4月1日から魚民の横の横に白木屋がOpenしたんですよ(´・ω・`)魚民で代行を少しかじッてから白木屋のOpenヘルプにとばされました。。
3月から中京エリアに変わリ知らない幹部と最悪な店長の下で毎日研修生に教えてるんですが担当幹部が最悪であたしは白木屋でめった打ちにされてます。。かなリアウェイです。。奥田君も体に気を付けて頑張ッてください(´・ω・`)
応援してまーす^^

by アルバイトの小田原です | 04 19, 2010 - URL [ edit ]

経験値たかそー!つかりてー
やぱ旅って急ぐ時もあんのかーそいや今年カレーライス食ってないな´`

∩(^ω^)∩今日は魚民のやつらを独断と偏見でストⅡに配役してメシウマするお!コスプレを想像して楽しむがよいぞ!

ラウン!ワン!ファイ!
リュウ→おーが
ケン→つっちー
ガイル→あおの
本田→朝日くん
ダルシム→しんぷく
ブランカ→僕が脱ぎます
ザンギエフ→朝日くん
バルログ→ほんごー
サガット→おだわら
バイソン→朝日くん
ベガ→じんさん
チュンリー→年齢的にうわなにおするやm

by 我ながら見事な配役だ。炙り寿司はもちヨガフレイム!中村でした | 04 19, 2010 - URL [ edit ]


覚えてますか?
1月からずっと見てました
3月の間コメントスルーしてごめんなさい

あってか大ニュースですよ
普天間移設で青山町があげられてて、町民全員一致で賛成らしくて、青山はアメリカ兵の基地ですよ。
奥田くんの家は、どーなったでしょーか?


おれがリュウです中村さん
ほら、かめはめはー

by ラーメン、つけめん、お前にやるタンメン青野です。 | 04 19, 2010 - URL [ edit ]

>小田原さん お久しぶりです(^-^)毎回見ててくれたんですね。すごく嬉しいです。ありがとうございます。

名張に白木屋がオープンしたんですか。僕が辞めて4か月も経たないうちに・・・。しかも、代行やって、ヘルプですか。すごいですね!流石ですね!

最悪の幹部ってめちゃくちゃ悪そうなイメージが浮かびますね。赤井秀和みたいなやつですか?

めった打ちに負けないで下さいね。僕も日々戦っています。不安や恐怖と(笑)(笑えない)。
それでは、またコメントしてください。

by ゆうじ | 04 21, 2010 - URL [ edit ]

>中村さん ・・・僕は入ってないんですか?朝日さんが3回も登場しているのに・・・、僕は入ってないんですか。チュンリー以外ならやりますよ!!

じんさんは、ベガなんですね。それの理由は、なんとなく聞かずにおきます。なんとなく、切ないので(笑)。

by ゆうじ | 04 21, 2010 - URL [ edit ]

>青野氏 忘れられません。急展開ですね!青山に米軍基地が・・・。伊賀忍者にやられたいとしか思えないですね、それは。

青野君は、かめはめは使えるんですね。それはリュウ決定ですね。僕は、昇龍拳改め蛙とびアッパーが使えるので、ケン決定ですね。

by ゆうじ | 04 21, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

by | 02 02, 2014 - [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。