FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い自転車

05 17, 2010 | スイス

5 Comments
赤い自転車

 僕らが、ハンスさんに農場などの紹介をしてもらい、家に戻ると、キッチンからは、良い匂いと共に湯気が立ち込めていた。

赤い自転車 (7)

 父が42年前に使っていたという部屋のテーブルにテーブルクロスを敷いて、お皿を運ぶ。ハンスさんの手作りのりんごジュースをコップに注いで、準備は万端だ。
 まずは、ホッとするような、ポテトスープを頂いた。そして、トマトソースのパスタと、ソーセージが出てくる。まるでコース料理のようだ、いやどんなフルコース料理よりも温かな料理がテーブルに運ばれてくる。コップが空けば、りんごジュースを注いでもらい、皿が空になれば、パスタやサラダを薦められる。この時に食べたソーセージが美味しくて仕方がなかった。
 
 ハンスさんが、30分程休憩をして、車でドライブに連れていってあげるよ、と言う。僕は、遠慮だとか、そういうものは、今はきっといらない、そう思った。お言葉に甘えよう。そういう時は必要だ。

 まるで、自分のおばあちゃんの家にでも来ているような、不思議な気持ちがする。まるで、ハンスさんたちの、優しさが、ごく自然で、あまりにも当たり前のような振る舞い、だからだろうか。

 30分の休憩で、僕たちはお昼寝をした、40分も。2人は、のんびりと階段を下りていく。車に乗り 10分程走り、街に入った。その街を少し通り過ぎて、林道の中を上がっていく。新緑の季節らしく、木々の葉は、黄緑色をしている。僕らがお昼寝をしている間に、太陽は雲の中に、いや雲が太陽の前に来たおかげで、少し林内は薄暗い。

 林道を登り切った所で、お城が見えた。

 車を止めて、お城へと向かう。お城からの眺めはとてもいい。小高い場所にある、このお城からは、辺りが一望できる。西を見ると、ハンス夫妻の家、ラインクリンゲンが見える。
 南を見ると、ライン川と城下町が見える。街の外を一歩でると、もうそこは畑で、牧草か、小麦か、ジャガイモなのか、辺りは緑色をしている。もちろん菜の花畑も広がり、黄色い場所もある。
 北は、林があって、あまり見えないがこの向こう側にはドイツが広がっていることは、間違いない。

赤い自転車 (4)

 お城を下りて、城下町に立ち寄り、僕らは家へと向かった。

 この日は、泊まるんでしょう、と言われ、僕らは少し相談をして、そっとうなづいた。2人は明日、学校だ。3人は、泊る用意など何も持ち合わせていない。
それでも、泊ることが決まっていたように、うなづいた。

 ハンスさんは、酪農の仕事へと向かい、僕らはまたのんびりと過ごしていた。おばあさんが晩ご飯を作り始め、間もなく、ご飯を食べましょうの声が掛った。
 仕事を終えた、ハンスさんも戻ってきて、僕らは食卓を囲んだ。晩ご飯は、パンにバターやジャムと搾りたてのホットミルク。
 まるで、ドイツ語の教科書に出てくるような、伝統的な晩ご飯というやつだ。

 晩ご飯を食べ終えて、おばあさんが、散歩でもしましょうか、と尋ねて、僕らは散歩に行くことになった。外は薄暗く、雨が少し降っていた。傘をさして、ライン川沿いの公園へと向かった。僕は弱い雨は、時に心地良いのだと知った。
 随分と辺りは暗くなり、僕らは家へと向かった。のんびりと歩くおばあさんのスピードに合わせて、のんびりと。

赤い自転車 (1)

 翌日、朝食を食べて、僕らはお昼の12時になるのを待っていた。スイスでの12時は日本での夜7時、僕の父に電話をかけるためだ。ハンスさんとおばあさんは、少し待ちきれないように11時半でも大丈夫か、と尋ねた。僕は多分大丈夫だ、と答えた。
 11時半になり、家に電話すると、母が出た。父は今ちょうど出かけてるという。30分くらいで帰るって言ってたけど・・・、と少し弱気だ。
 僕は、電話を切り、12時には大丈夫と、伝えた。12時になり、もう一度電話をかける、父が出て、僕はかなりホッとしていた。おばあさんに代わり、ハンスさんに代わる。そんなに長く話してはいなかったけれど、何か伝わったことがあればいい。僕は自分の任務が終わったように、嬉しくなった。

 そして、僕らは今日もドライブへと、出かける。今日はシャッフハウゼンという街へ滝を見に行った。この日も天気は少し悪い。
 滝に着いて、中に入った頃に雨が降り出した。雨が冷たくて、2人のことが心配になる。滝から戻り駐車場に着いたあたりで、雨は止んだ。すごいタイミングだ。

赤い自転車 (5)
ライン滝 ヨーロッパ一の水量。

 家に帰り、お昼御飯にチーズフォンデュを御馳走になった。チーズフォンデュはスイス料理だ。お鍋の下のアルコールランプに火を灯して、熱いチーズをパンにつけて食べる。本場のチーズフォンデュは、お酒の味が強すぎて、僕は少し頭痛を引き起こした。

赤い自転車 (8)
チーズフォンデュ

赤い自転車 (2)
最後の散歩
赤い自転車 (3)


 そして、お別れの時間になる。僕らは、作業中のハンスさんにあいさつに行き、みんなと握手をして、僕らは、ハンスさんの家を出た。

 おばあさんが家の三階の、多分2人の寝室から、ずっと僕らを見守っていてくれた。いつまでも、長い間、僕らの方を眺めていてくれた。

僕らは、道を曲がるところで、3人で大きく手を振った。おばあさんも大きく手を振り返してくれた。

赤い自転車 (6)
三階の小さいのが、おばあさん。

 楽しかったね。本当によくしてもらって、お返しをしなくちゃね。僕らは、そんなことを話しながら、駅へと向かった。

赤い自転車 (9)

 農道の交差点が見える。あの赤い自転車を左でしたっけ、と僕。いや、あのもう一つ向こうの交差点を左じゃない。

 交差点に差し掛かったところで、赤い自転車を見ると、昨日まで、壊れていた自転車がキチンと直っていた。ハンドルもサドルもしっかりと付いている。不思議なことがあるものだ。

 それは、なんだかとても不思議だったのだけれど、1人が、ここがラインクリンゲンの入り口で、壊れている時にしか入れないんじゃない、と言った。
 まるで、おとぎ話だけど、まるで、おとぎ話のようにハンス夫妻は優しかった。だから、僕はそれもいいな、と思った。
 次に来る時、その時もこの自転車は壊れて、僕らを待っていてくれるだろうか。

赤い自転車
赤い自転車

 それでは、みなさん良い日々を!
スポンサーサイト

« 持ち物 ラインクリンゲン »

- Comments
5 Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 05 17, 2010 - [ edit ]

冗談ジャナイワヨー

by Mr.2 | 05 17, 2010 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 05 17, 2010 - [ edit ]

ゆうじ君、いい旅してるね!
ゆうじ君にしかできない、ゆうじ君だけの旅をのぞかせて
もらっているのが何故だか嬉しくなっちゃったよ(笑)

by ターミー | 05 18, 2010 - URL [ edit ]

>Mr.2 ・・・ボン、ボンクレー??
何故に、このタイミングで?Mr.2は、美しく散ったんじゃないのか・・・。分からないことが多すぎるね。

>ターミーさん 僕にしかできない旅、良い響きですね。ありがとうございます(^_^)v

ターミーさんも日本に一時帰国で、のんびりすると思っていたら、早速バイク旅に出かけていかれていたんですね。
それにしても、バイク旅は楽しそうですね~。僕もバイクの免許を取ろうかな。

6月からのイタリアも楽しんで下さい!!

by ゆうじ | 05 19, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。