FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマ

06 19, 2010 | ペルー

2 Comments
リマ

 飛行機がリマの空港に到着する寸前、空はどんよりも重く曇っていて、まだ、少しだけ明るかった。飛行機を降りて、パスポートコントロールを抜けて、荷物を受け取った頃、もう外は真っ暗になっていた。

 タクシーに乗り、今日の宿へと向かう。何人かに交渉し、少し安い彼に決めた。彼に宿の名前と、通りの名前を告げた。彼は、オーケーと言いながら進む。途中で何人かのタクシードライバーに道を尋ねながら。
 なんとか到着し、宿でチェックインを済ます。部屋に入ると、6人用のドミトリーに僕1人だけ、だった。少し寂しく思う。
 あぁ、とうとう南米まで来たんだと噛みしめた。しかし、スペインとの時差はマイナス6時間。もうスペインは、夜中の2時を回った頃だ。この旅で初めて時差を感じる。すぐさま眠りに着く。まだ、時計は8時を少し回ったところだ。

 翌日、3時ごろに目が覚めた。スペインはもう9時だ、そういうことだろう。またお昼寝のように眠ったり、起きたりを繰り返し朝が来るのを待った。

LIMA (1)

 外は相変わらず、どんよりと重く曇っている。一片の疑いようもないような、曇り空だ。朝食を食べに外に出て、南米というものに少し怯えながら、街を歩く。朝食を食べて、また部屋に戻る。リマの見どころの欄には、見どころと思えるようなものが見当たらなかったのだ。

 お昼、少し前、別の宿から日本人が3人移ってきた。その3人と少し観光へと向かった。まずは広場に向かう。この日は、広場の大きなスクリーンにフランスとウルグアイの試合が放映され、多くの人が固唾をのんで見守っている。スコアは長らく0対0のようだ。

LIMA (2)
 
 広場を離れて、サンフランシスコ聖堂を見て、宗教裁判所博物館へと向かった。昔の宗教裁判所が蝋人形で再現されている。足枷をつけられている人や、紐で手を縛られ吊るされている人間。他にも沢山のシーンが再現されている。僕は何ともいえずにそれを見守った。

LIMA (3)

LIMA (4)

 その裁判所を出た所で、僕は皆と別れて、バスターミナルへと向かった。明日、クスコへと向かうために。
 どのバス会社に聞いても、クスコまでは行かないという。クスコまで行くバス会社が集まっている場所はそこから少し遠い。僕はその日は諦めて宿へと帰ることにした。翌日、バス会社を尋ねると、クスコはない、という。少し焦りながら、2件目のバス会社でクスコ行きを手にすることが出来た。

 バスターミナルで出発時間までぼけーっとしていた。このバス会社はやけに美しい。時間になり、バスに乗り込むと驚くようなシートが並んでいる。まるで飛行機のビジネスクラスだ(乗ったことはないが)。
 優雅な時間を過ごすように、本を読んだ。5時間ばかり、海岸線沿いを快調に走る。空はどこまでも雲に覆われていた。継ぎ目なく敷き詰められた雲は、まるで空がこの色なんじゃないかと思わせる程、灰色の空が続いている。

 外が暗くなり、僕は、少し眠った。夜の8時を過ぎたころ、晩ご飯が運ばれてきた。バスは一度も止まることなく進んで行く。晩ご飯も機内食のように、温められていた。すごいな、と純粋に感心する。

 夜も更けて、バスは、標高をぐんぐんあげながら、進んで行く。山道のカーブをジグザグに進む。標高は、もう2000メートルを超えただろうか。
 僕は、気持ち悪さを覚えた。冬の日本海を進むフェリーのように、バスは左右に揺れ続ける。逃げ場のない気持ち悪さ。僕は、耐えるようにバスの中で悶々としていた。

 標高が更に上がり、3000メートルを超えた頃、僕は気持ち悪さと共に、高山病を併発して、頭が痛くなった。他の乗客が、平然と寝ているのが信じられない。
 何度も、フラフラと立ち上がり、トイレに籠る。トイレの窓から流れている景色は、すでに雲の上で、太陽が山を越えて、やってきた。幻想的な風景が目の前に広がっていることは確かだった。

 僕は、それに感動を覚えることが出来ないほどに痛んでいた。クスコに到着したとき、しばらく僕は地べたにへたり込んでいた。

LIMA (5)
クスコ

 一発奮起して、重いバックパックを背負い直して街へと向かう。そこら中にタクシーが走っている。僕の右手は気がつけば天をかざしていた。
 目の前にタクシーが止まる。僕は仕方なく、それに乗り込んだ。もちろん仕方なく。

 さぁ、広場まで行ってくれたまえ。僕は、きっとそう言っていただろう。クスコの街をタクシーが坂道を上っていく。息絶え絶えの僕を乗せて。

LIMA.jpg
ビバ!ペルー!

 それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« クスコ EUROPE »

- Comments
2 Comments

ユージの日記に日本で連日熱狂してるW杯の様子が
載ってると、
ああ、世界はつながってるんだなぁ~って
実感します!!
いよいよずっと行きたがってた南米だね、
たくさん感動伝えてください。

by ヒロスケ | 06 21, 2010 - URL [ edit ]

>ヒロスケ 日本は連日Wカップに熱狂しているのか!?何!?くそう。俺も日本で見たい!スペイン語何を言っているのか、わからんぞ。選手の名前くらいしか。あと、トゥーリョのことを田中と呼ぶのはやめてくれ。一瞬誰かと思うんだ。田中達也がでてるかと思っちまったぜ。

世界は繋がっているよ。24日のデンマーク戦一緒に応援しようぜ!

by ゆうじ | 06 21, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。