FC2プロフ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
意見などありましたらこちらで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパ・ヌイ

07 06, 2010 | イースター島

4 Comments
ラパ・ヌイ

 僕らは、朝日を見ようと、朝日とモアイを見ようと、7時前に宿を出た。レンタカーは、暗い島を走る。車には、高長夫妻と違う宿に泊っている日本人の方と僕が乗っている。
 7時30分にアフ・トンガリキ、15体のモアイが立っている場所に到着した。少し肌寒くて、風は強い。夏の季節には、15体のモアイ像の真ん中から太陽が上がる、という。冬の今、太陽はモアイ像のずっと東、小高い丘から、昇る。そのため、僕らがアフ・トンガリキに到着したとき、僕らの上の空は、深い青色で、海のずっと向こうの空は、少しだけオレンジ色をしていた。

ラパヌイ

 僕ら4人は、それぞれバラバラの場所に座り、写真を撮り、また座った。周りには、誰もいない。モアイ像の貸し切り状態だ。
 
 次第に、空の色は薄い青色に変わり、海の向こうのオレンジ色が随分と近づいてきそうだ。でも、それを遮るように、雲が広がっていた。
 辺りが明るくなり、太陽の色が濃くなる。それを写しだしたのも、やはり雲だった。雲は薄いオレンジ色から濃いオレンジ色へと色を変えた。モアイの輪郭がどんどんはっきりとする。

ラパヌイ (2)

ラパヌイ (1)

 8時を少し回った頃だろうか、太陽は丘を越えて鮮烈な光をモアイ像に向けて放った。その光はあまりにも眩しくて、モアイの輪郭は僕の中でまたも見えなくなった。
 太陽が地上を照らして、朝の空気を照らした時、太陽は空に虹を作った。2度目、ではあるが、その日の虹もとてもきれいだった。虹は少しだけ輝いて、すぐに消えた。

ラパヌイ (4)

ラパヌイ (3)

 僕らは、そのまま少しモアイやモアイの被っているプカオというものを切り出したプカオ製造工場
である、プナ・パウを見て回った。
 プカオは、赤い帽子ようのようなものだ。高原に赤い石が転がっている。プカオもモアイのサイズに合わせて作られているだろう。プカオ製造工場と、モアイ製造工場は、近くない。それぞれ別々に作られて、別々に運ばれて、モアイの頭にプカオを載せる。
 大きなモアイのプカオはもちろん大きい筈だ。それをどうやって頭に載せたのだろうか。

 プナ・パウを見た後、僕らはラノ・カウという火口湖に向かった。車で、悪路を進む。到着して車を降りると、そこは高台で海が良く見えた。それと同時に強い風が吹き付けた。
 
 ラノ・カウは、カルデラのような場所に、水が張り、その中に小さな島が沢山あるような、そんな姿をしていた。実際にそれは、なんのか。浮き草のようなものなのか、なんなのか。

 ラノ・カウに溜まっている水は、とても濃い色をしていた。黒色にも似た、紺色だ。すぐ近くには真っ青な色をした海が見える。
 相変わらず風は強く、海は凪いでいる。

ラパヌイ (7)
ラノ・カウ
ラパヌイ (8)


 翌日、高永夫妻がイースター島から旅立った。今まで僕が見た中では一番大きなバックパックを背負い、旅立った。

ラパヌイ (9)
高長夫妻。お世話になりました。

 僕はその日、ドラえもんの映画を2本見て、少しだけ涙が出て、宿からは一歩も出ずにその日を終えた。

 僕がイースター島を出る前日、僕は海沿い、タハイのモアイ像を眺めに行った。よく晴れた日だった。青空が美しくて、青い海も白い波もみな美しかった。

 モアイ像は、謎だらけだ。ほとんど分かっていなくて、ほとんど仮説だ。

  僕は、目を付けたモアイの前に座った。

ラパヌイ (5)
アフ・コテリク 彼に載っているのが、プカオ

人々は、お前のことを見て、不思議だ、という。お前は知っているのか。自分自身がなんなのか。それとも、お前も人間のように、自分が何者か考えているのか。
 なんだ、お前も俺も大して変わらないじゃないか。人は、謎だらけだ。仮説だらけだよな。
 
 モアイ像は手をお腹に当てて、どこか遠くを見ていた。

 翌日、僕はイースター島、ラパ・ヌイを出て、サンチャゴへ向かった。
さようならモアイ。

ラパヌイ (6)


それでは、皆さん良い日々を!
スポンサーサイト

« ビーニャ・デル・マル モアイ »

- Comments
4 Comments

ルパ~~ン
一つ教えといてあげる。人気漫画家 藤子とは私のもう一つの姿なの
謎多き女なの


じゃあ、 またね~。私ののびちゃん

by 不二子 | 07 06, 2010 - URL [ edit ]

イースター島って凄いな…モアイって凄いな…なんか考えさせられるな~
イースター島って昔食糧不足とかで人が住めなくなったらしいよ。それを未来の地球と重ねるのは行きすぎかな?人もいつか地球にあんな石像をつくって生きた証でも残すのかな?
でもおれは今日もおいしいもの食べて過ごしたいと思うのですよ…
パンクロック風に語ってみました。。。笑

by なかぬぇ | 07 07, 2010 - URL [ edit ]

奥田さん!43期のいずみです。ブログ読んでますよ~!私は色々と予定が変更して、今ニュージーランドにいます。これから7ヶ月間くらいニュージー生活です。こっちに着いて今2週間目ですが、治安のいいニュージーランドでもビビりまくりの私は、色んな場面で今改めて奥田さんをすごく尊敬してます・・。ニュージーランドには立ち寄らないんですか~?i-179
応援してます。体に気をつけて旅楽しく過ごしてください。

by いずみ | 07 07, 2010 - URL [ edit ]

>不二子さん 不二子さんは、小山だと思っているんだけど、大丈夫ですか。それとも浜田先生の奥さんですか?


>なかね やさしいパンクロックだな。イースター島は地球の縮図と言われているよね。

でも、俺も美味しいものが食べたいよ。美味しいものを食べて、焚き火でもしたいな。
おれは石像を作るのは、面倒だから木を植えるよ。
また誰かがいつか焚き火を出来るようにさ。

>神崎さん お久しぶりだね。ニュージーランドに行っているのか!?すごいね。うん、すごいなぁ。
しかもあと7か月もあるの?ニュージーランドいいなぁ。俺も行きたいよ。大自然じゃろー。いやぁ羨ましいね。

また、いろいろ話を聞かしてよ(*^_^*)
俺はどこにいても、何をしていても、ビビっているよ!
尊敬には、値しませんぜ。

神崎さんも体には気を付けて!体調を崩すのは一番帰りたくなるもんね。
ではでは、お互い信じた道を進みましょう。


by ゆうじ | 07 09, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。